ニュース 国内

れいわ新選組の山本太郎を怖がる器が小さな自由民主党の議員達

投稿日:

令和初の国会解散が囁かれている、自由民主党の器の小さな議員が怖がる、れいわ新選組の山本太郎の勢いが凄い、安倍長期政権(2887日)に支えられていた私利私欲に走った議員が最も怖がるれいわ新選組の代表山本太郎が次期衆院選に「100~131人の公認候補を擁立する」

安倍政権の掲げた成長戦略に山本太郎は真っ向勝負する、安倍政権長期政権がもたらした数々の不正は国民は知っている、桜を見る会の資料破棄の言い訳、安倍総理の忖度は歴史的な馬鹿げた行動だつた。

それでも日本国民は他に支持党がないと選挙に不参加した結果は大手企業の支持を受けて安倍政権は単独で憲政史上最長となった。

自由民主党の113人の議員

自由民主党は113人の議員を抱えている、安倍長期政権は誰も安倍総理にNGを出さなかった、もはや何でも有り、やりたい放題の過去を国民は知っている。

安倍総理を支えた官房長官、副総理、自由民主党の幹事長は今も言う、「更に長期政権を目指すべきだ」と言う、選挙で勝てば良い、がすべてと勘違いしている。

安倍政権の幹部は、れいわ新選組の山本太郎を無視できない存在になった、100人~131人のれいわ新選組の候補が擁立すると掲げたのだ。

最近の自由民主党の議員は駄目議員の集団だ、これも長期政権のおごりと考える、逮捕者が出る正に私利私欲の自由民主党の議員は国民はもはやこれまでと自由民主党から離れるのだ。

れいわ新選組の山本太郎の思惑

消費税率5%への減税を柱にした野党共闘を促す狙いが透けるが、立憲民主党などが消費税減税に消極的なため、実際に大量擁立へ踏み切る選択肢も残す、和戦両様の構えだ。

れいわは初陣となった7月の参院選で比例代表2議席を獲得した、11月に衆院選候補者の公募を始め、12月17日時点で376人が集まったという。

12月に公表した「候補者擁立内訳」では、比例東京ブロックは9~25人、南関東は15~25人と幅を持たせる一方、近畿は17人、九州は13人を示したのだ、れいわ新選組の資金は国民の寄付金でまかなう。

小沢一郎が山本太郎語る「彼の行動は野党を目覚めさせた」

れいわ新選組の山本太郎を小沢一郎は大きく評価している、小沢一郎は若くして自由民主党の幹事長を勤めた議員だ、国会議員の資質は知り尽くしている。

その小沢一郎が山本太郎を評価しているのだ、山本太郎と小沢一郎の共闘もかすかに見える、小沢一郎は確実にれいわ新選組の山本太郎を応援する。自由民主党の器の小さな議員は気が気ではないようだ。

まとめ

安倍晋三首相の通算の在職日数が2019年11月20日で2887日となり、単独で憲政史上最長となった、自民、公明の与党が参院選で、改選124議席の過半数にあたる63議席を確保した。

自公の非改選(計70議席)と合わせて全245議席の過半数(123議席)に達した、衆参両院で多数派が異なる「ねじれ国会」にはならず、引き続き安定的な国会運営が可能になったのが悪かったのだ。

安倍政権のやりたい放題、噓で固めた政権と歴史は言うだろう、だが必ず物申す人物が現れる、れいわ新選組の山本太郎をだ、彼は自由民主党の議員の切り崩しをやり遂げると思うがいかがでしょうか。

山本太郎は語る!

-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.