ニュース 政界

小泉進次郎環境相が滝クリの「産後うつ」心配で育休取得?

投稿日:

小泉進次郎環境が滝クリ産後「うつ病」心配で育児休暇!

小泉進次郎環境相が滝クリの「産後うつ」心配で遂に育休を決心した、問題はありません、小泉進次郎環境相は心配しな育児休暇で滝クリと仲良くしてください。

滝クリは「産後うつ」に成る女性ではない

小泉進次郎環境相が滝クリの「産後うつ」を心配し遂に育休を取得する、小泉進次郎環境相は専門家の意見を聞かされたと言う。

妊娠・出産によってホルモンバランスが崩れ、産後の孤独な育児によって「産後うつ」になる方が約10%もいると聞かされたようだが、デキ婚で国会で婚約する滝クリ、又数々の男性遍歴の有る滝クリには当てはまらない。

小泉家でのお手伝いさんもいる、普通の家庭とは大きく違う、それでも小泉進次郎環境相は育成を取得するとは滝クリにお詫びしているのかもしれない、人の妻との不倫問題はまずかった。

小泉進次郎環境相「制度だけだなく空気を変えなければ」

小泉進次郎環境相は自らの育成に「制度だけだなく空気を変えなければ」と言うが一般庶民に先駆けて育成取得とは進次郎環境相に育成を促して国会議員がいるようだ。

この育休を一般社会が素直に受け入れるか、自由民主党の人気者の進次郎環境相は間違えた場合はもはや自由民主党の客寄せパンダの役目もままならない。

将来の総理候補ランキングは落ちるばかりの小泉進次郎環境相は今回の育成休暇は間違えたのかもしれない。

「うつ病」は文春砲を浴びる小泉進次郎環境相

小泉進次郎環境相に随分と週刊文春砲が炸裂した、人妻不倫問題から始まり女性好きな小泉進次郎環境相を世間に露呈した。

あまりにも多い女性好き問題は進次郎人気は終わったようだ「うつ病」は小泉進次郎環境相ではないだろうか、凄すぎる週刊文春砲の記事は普通の人では外に出られない。

完全に普通の人は「うつ病」に成る、小泉進次郎環境相は「うつ病」ではないだろうか、滝クリは「うつ病」にはなりません、数々の男性遍歴が滝クリを強くした、育児休暇は国民が先だ。

まとめ

小泉進次郎環境相は当初は閣僚の育成は取れないと言っていたが、突然滝クリの「産後うつ」を心配で育休を取得する。

「うつ病」は文春砲を浴びた進次郎環境相ではないかとネット社会は騒いでいる、小泉進次郎環境相の制度だけでなく空気を変えるとは驚く、今更始まった議論ではない。

数々の女性問題で滝クリにお詫び休暇ではないかと思われるがいかがでしょうか。

-ニュース, 政界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.