芸能界

沢尻エリカ「女優復帰考えていない」違約金回収が始まるよ 

投稿日:

エイベックス・マネジメントの陳述書はありえない、エイベックス・マネジメントの専務は陳述書で「家庭を持つことや芸能以外の仕事もいいかもしれません。

個人的には彼女の作品をもう一度見てみたい」とし「できる支援を続けたい」と法廷で言い払った、この陳述書はあり得ない。

綺麗事だ彼女は今回の一連の不祥事によって10億円ともいわれる巨額の損害賠償を発生させた、今回事務所が彼女を解雇しなかったのは、彼女にその損害賠償を払わせるために働かせるためなのだ。

沢尻エリカ(33)を養護するのではないが問題は彼女の社会的責任のなさから生まれた事件なのだ、所属事務エイベックスに多大な損害を与えたのも沢尻エリカだ。

問題は違約金の回収の為に首にしない芸能事務所の方針だ、沢尻エリカは若い頃から薬物使用をしていたのだ芸能事務にも監督責任は有る、違約金回収の為に彼女を働かせる芸能界とは凄いところだ。

沢尻エリカ「女優復帰考えていない」

沢尻エリカは求刑が決まると「女優復帰は考えない」とコメントした、確かに沢尻エリカは女優には飽きあきしたいると思えるが許さないのが芸能事務エイベックスだ。

何しろ10憶とも言われる違約金をエイベックスは立替ているこの違約金を回収しなければならないのだ、本来ならば沢尻エリカは女優をやめて静かに暮らしたいようだが所属事務エイベックスは許されない。

まだまだ女優とし使えると見ているのだ、女優は商品なのだ、薬物使用をした沢尻エリカを再び再生する、違約金回収は確実にしなければならない。

高級な大学病院の特別個室に入院させた意味がないのだエイベックスの違約金回収計画は始まっているはずだ。

沢尻エリカは小学生6年でデビュー不幸な人生を歩んだ

女優にならなければ合成薬物との出会いはなかったと思われる、子供の頃は乗馬やダンス、ピアノを習っていたと言う。

母親がアルジェリア系フランス人で日本人の父親が競走馬を数十頭所有するなど幼少期は比較的裕福な家庭に育つも中学の時に父親を病気で亡くすしたのだ。

その後すぐに次兄を交通事故で亡くすという不幸に見舞われている、その後小学生時代に芸能界にデビューしている、果たして沢尻エリカの人生は幸だったのか疑問だ。

まとめ

沢尻エリカと言う、女優が若い頃から合成麻薬を使用し逮捕された、CMや「麒麟がくる」の撮り直しで違約金が発生した、事務所エイベックスは違約金回収計画を初めている。

沢尻エリカは「女優復帰考えていない」とコメントしたが許さないのが芸能界だ、沢尻エリカは薬物使用で自由がなくなったようだ。

違約金回収をしなければならない事務所エイベックスは若い世代の女優や男性俳優の監督責任も考えなければならない、沢尻エリカの「別に」の発言が気になるがいかがでしょうか。

-芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.