宮本佳代子さん小泉進次郎の長男「道之助」命名を如何に感じたのか!

宮本佳代子さん「道之助」を以下に感じた1

小泉進次郎の長男の名前が「道之助」と名付けた事が1月17日分かった、小泉進次郎によると「道」は育ての親の小泉純一郎の姉の小泉道子さんの「道」を取り入れたようです。

孫で有る宮本佳代子さんは「道」の一文字を如何に感じたのだろうか。

宮本佳代子さんの孫の名は「道之助」

宮本佳代子さんは1978年小泉純一郎元総理とお見合いで結婚をされた、今小泉進次郎と滝クリの間に初孫が生まれたのです。

その孫の名は「道之助」と名付けられたのです、小泉進次郎の育ての親の統一郎の姉の道子その「道」を入れたのです。

宮本佳代子さんの結婚は5年で小泉孝太郎(俳優)と進次郎を残し小泉家を去った、だが宮本佳代子さんには三男の宮本佳長(よしなが)さんがお腹の中にいたのです。

なぜ宮本佳代子は小泉家を去ったのか初孫の「道」を如何に感じたのでしょうか。

小泉家には純一郎の姉が秘書的に仕切っていたと言われています、妻で有る宮本佳代子さんの居場所はなかったようです。

政治家の一家には、そぐわなかったのです、姉との確執と孤独の中で宮本佳代子さんは小泉家を出る決心をしたのです。

統一郎は「去るののは追わず」と宮本佳代子さんと別れたのです、もしと言う言葉が有れば滝クリと進次郎の子供は「道」は付かないと思います。

小泉進次郎環境相はなぜ「道」道之助を命名したのか

育ての親の小泉道子を小泉進次郎は本当の親と思い込んでいたようです、中学生の頃統一郎は産みの親は宮本佳代子さんと告げたと言われています。

だが小泉進次郎は親は小泉道子と疑わなかったと言う、産みの親より育ての親と言う格言がありますが正に進次郎は道子を親と信じていたのです。

確かに育ての親は小泉道子だが私の要は凡人はできれば小泉家を去った宮本佳代子さんに対しての心使いで堂々と育ての親の「道」を付けられません。

政治家たるゆえんなのでしょうか、又小泉進次郎の馬鹿さ加減なのかはわかりません「去る者は追わず」が全てを物語っているようです。

産みの親宮本佳代子さんは必死に生きた

二人の子供を残し小泉家を去った宮本佳代子さんは1か月間の猛勉強で宅地建物取引主任者に一発合格した。

不動産業界でキャリアを積み重ねてきた佳代子さんは宮本佳長(よしなが)に「父親が有名でも、小泉は関係ない、あなたの母は一サラリーマン。

勘違いしないで生きていきなさい」と佳長さんに言い聞かせながら子育てをしたと述べています、そして60歳の還暦を迎え「いきいき」を出版しています。

「いきいき」は書店では買えない直販制です、日本雑誌協会によると、部数は21万部を超えを販売している、2016年4月号が3月5日頃に読者に届き始め、佳代子さんの特集は6ページにわたって掲載されているのです。

宮本佳代子さんは孫の「道」を如何に感じているのか誰も分かりませんが少しばかり悲しみの「道」のように思えるのです。

まとめ

小泉進次郎と滝クリの子供(長男)に道之助と命名されました「道」は小泉進次郎の育ての親の純一郎の姉の道子の一文字を取り入れたようです。

小泉家の事情は分かりませんが凡人の私は小泉家を追われた宮本佳代子さんの気持ちが複雑に思えるのです。

確かに小泉家を追われたのです、しかも小泉家の姉との確執と言われています、できれば小泉進次郎と滝クリの長男の名は滝之助はどうでしょうか。

「滝」は良いと思うのですがいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です