ニュース 政界

「最悪」安倍長期政権の裏の裏が悲し過ぎるのだ !

投稿日:

安倍総理の長期政権政権は桂太郎を抜いて記録更新を更新した、果たして安倍政権はなぜ長期政権になったのか。安倍晋三首相の長期政権の裏を見たら悲し過ぎるのだ。

アベノミクスで日銀総裁を白川方明から黒田東彦に変えた

3本の矢、成長戦略を掲げた安倍晋三総理はデフレからの脱却と2%のインフレ目的で、いとも簡単に日銀総裁を総理総裁の権力で黒田東彦に変えたのだ。

だが目標はいまだに現実は遠いいのだ問題は権力乱用がいけないのだ、誰かの入れ知恵だろうが現在に置いてアベノミクスを叫ぶことはなくなった。

安倍晋三総理の言うアベノミクスは雇用問題の改善だけだ、労働者の高齢化で労働者不足なのだ、これを成長戦略と言うのだ凄い総理総裁と誰もが疑問に思うだろう。

森友学園が長期政権の始まり

2016年6月だ学校法人「森友学園」に大阪府豊中市の国有地が裏で払い下げられた、不動産鑑定士が出した土地の評価額は9億5600万円だ。

近畿財務局が出した払い下げ価格は「約8億円引き」1億3400万円で森友学園の籠池泰典理事長が近畿財務局との交渉時に昭恵夫人との交流を強調していたことなども判明した。

首相夫妻の影響で土地の価格が不当に安くなったのではないかと追求されたのだ安倍総理は「私や妻が関係していれば国会議員を辞めます」と答弁したのだ、官僚の忖度の始まりだった。

2017学校法人「加計学園」獣医学部を新設も長期政権の裏

学校法人「加計学園」は17年1月でした、52年間どこの大学にも認められていなかった獣医学部を新設する「国家戦略特区」の事業者に裏で選定されたのだ。

問題は加計孝太郎理事長が首相の「長年の友」であったため「特別の便宜」を疑われたのです、首相や政府は関与を否定した。

愛媛県職員が作成したという備忘録に柳瀬唯夫首相秘書官と面会で「本件は首相案件と言われた」などと記されていたため、柳瀬氏は18年5月の国会に参考人として招致されたのです。

確かに安倍総理は直接支持はしていないが忖度なのです、加計学園問題も安倍長期政権をもたらした問題と考えなます、忖度がまかり通り初め安倍長期政権の始まりでした。

桜を見る会の裏は安倍長期政権の選挙目的

安倍長期政権は5200万の税金で桜を見る会を行っていた、更に「ジャパンライフ」と言われるねずみ講を招待していたのです。

元々桜を見る会の目的は選挙では有りません、「各界において功績、功労のあった方々を招き日頃の労苦を慰労するため」とした目的なのだ。

皇族、元皇族、各国大使等、衆議院議長と参議院議長及び両院副議長、最高裁判所長官、国務大臣、副大臣及び大臣政務官、国会議員、認証官、事務次官等及び局長等の一部が招待されるのです。

又、都道府県の知事及び議会の議長等の一部、その他各界の代表者等が招待され、酒類や菓子、食事が振る舞われる、招待客の参加費や新宿御苑の入園料は無料であり、費用は税金から拠出されるのだ。

安倍長期政権は完全に選挙目的として桜を見る会を利用した、後援会の指示に従って会費を払っただけの参加者が「ホテルと契約した」との解釈は絶対的に不自然だな答弁だ、噓つき答弁しか思えない。

安倍首相は国会答弁でこの説明を繰り返している、安倍首相は、一人五千円の会費の支払いについて「集金した全ての現金を、その場でホテル側に手渡す形で、参加者から支払いがなされた」と話している、これも裏話だ。

首相の事務所は、会費を受け取ってホテルに渡しただけなので、後援会に入金や出金はなかったという理屈なのです、このような理屈がまかり通るとは酷すぎると思われる。

更に公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相は14日の記者会見で、内閣府が国会に提出した資料の一部を「白塗り」で隠したことについて「公文書管理法の趣旨に反するものではない」と言い出した。

名簿は政府側は今年の桜を見る会の招待名簿はすでにシュレッダーで廃棄したと説明しバックアップデータも復元不可能と言う、安倍長期政権のもたらすものには正義感は失われた要だ。

安倍長期政権の最悪は裏で検事総長を操る

検察官の中で最高位の官吏である検事総長は官名であり職名でもある最高検察庁の長として庁務を掌理し、すべての検察庁の職員を指揮監督する権限を有している。

検察のナンバー2、黒川弘務・東京高検検事長を、半年だけの定年延長を裏で企んでいるのだ、ちょうどそのころ退任時期を迎える稲田伸夫・検事総長の後釜に据えようという魂胆だ。

幹部官僚人事を思うがままに動かした安倍官邸は、あたかも霞が関全体を掌中に収めたかのごとくふるまっている、だが、安倍首相に気がかりな点がないとはいえない。

忖度とやらの横行とともに、人事権の乱用への反発心もまた、各府省の中にはくすぶっているようだ、官僚も正義感の有る人物はいる、いつの日か阿部晋三逮捕の活字が出ると裏では言われています。

まとめ

アベノミクスから始まった安倍政権だが、いつの間にか歴代最高の期間を記録した、なぜなら安倍長期政権は裏が多くて長期政権にならざるをえなかったのだ。

森友学園や加計学園で忖度した官僚は良きも悪きも安倍政権を支えた、公文書改ざんは当たり前となった、自由民主党の議員も総理を見習ってやりたい放題だった。

正に鯛の頭から腐った、検事総長も操る安倍政権に今は怖い物なしだろう、逮捕された日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業への参入を目指していた事件。

中国企業側から利益供与を受けたとして、収賄容疑で自民党の衆院議員秋元司容疑者(48)を逮捕されたが、否認をしている。

現職の国会議員が特捜部に逮捕されるのは約10年ぶりだが、安倍政権は検事総長を操る、秋元司議員も秋法廷で争うと記者会見した、裏で腐った鯛に期待していると思われるのですがいかがでしょうか。

スポンサードリンク



 

スポンサードリンク



 

-ニュース, 政界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.