ライフスタイル

2020春一番が吹荒れている明日初雪なのか解らないのだ!

更新日:

春一番と初雪の関係を勉強してみたら以外な関係が分かったのです。

春一番が今日吹き荒れている

春一番は北日本と沖縄を除く地域で例年2月から3月の中旬に強い風が吹く、立春から春分の間にです。

その年に初めて吹く南寄りの強い風の事、春一番が吹いた日は気温が上昇しますが、翌日などは、寒さが戻ることが多い、これを「寒の戻り」と言う。

寒の戻りで明日初雪が見れるのか

九州北部地方は15日昨日は、南から暖かい空気が入り込んだ影響なのか、最高気温が20度を超える暖かい春日和だった、正に春日和、暖かい1日だった。

今日は気温こそ暖かいが風が凄く吹き荒れているこれが一番なのか。

福岡管区気象台によると、17、18の両日は一転すると書いている、今季一番の強い寒気が流れ込んで真冬並みの寒さとなり、平地でも積雪の可能性があるこれが待望の初雪だろうか。

今季福岡近辺では初雪が観測されておらず、寒気の程度によっては初雪が大雪となる恐れもあると言われるが、昨年度は福岡近辺は初雪は降らなかった記憶が有る。

それが今日は気温は暖かいが風が凄い、これは春一番だ「寒の戻り」で明日は本当に初雪が降るのだろか。

なにか可笑しい初雪は見られないような気がする、16日今日は気温も平年より暖かいが、風が強い、明日が急に、 「寒の戻り」?

17日18日の両日は強い冬型の気圧配置となり、上空1500メートル付近に氷点下6度以下の寒気が流入すると気象庁は書いているが展開が早すぎる。

最低気温は16日より10度以上低くなる地域もあり、平地でも多い所で5~10センチ程度、積雪する恐れがあると気象庁は言う。

気象台は、路面の凍結や交通機関の乱れなどに注意を呼び掛けているが当たらない気がする。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ライフスタイル

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.