スポーツ ニュース

新型コロナウイルスの感染患者増加川淵三郎のツイートが恥ずかしい訳

更新日:

川淵三郎ツイートが恥ずかしい!

新型コロナウイルスの患者が全世界に増加し感染収束が止まらないのです、国際五輪の委員会ディック・パウンド氏(77)が東京五輪開幕は2か月前となる5月24日前後と語りました。

更に収束できていない場合は「中止を検討するだろう」とコメントしたのです、元Jリーグチェアマンの川淵三郎は開催国に対する配慮にかけるとツイートしたのです、恥ずかしい、ツイートに驚くばかりです。

東京五輪はワクチンの開発なければ中止も止むを得ないと思う

川淵三郎元Jリーグチェアマンの恥ずかしいツイートは開催国に配慮に欠ける、と言うツイートです川淵三郎のツイートはあり得ない、国際五輪の思惑は当然のことだ世界に拡散する新型コロナウイルスは今もって治療薬ワクチンがないのです、開催国に日本に国際五輪は如何に配慮をすれば良いのだろうか。

五輪は世界の平和の祭典なのです、東京五輪で更に新型コロナウイルスの患者の感染が増加すれば国際世論は日本に向かうのです、治療薬ワクチンが開発できない場合は東京五輪は延期或いは辞退するべきである。

新型コロナウイルスの患者世界に感染拡散している、日本も例外ではない東京都では30人前後と発表されているが厚生労働省の発表だ東京都の新型コロナウイルスの患者は100とも1000倍とも言われている。

1週間で新型コロナウイルスが感染収束するとは思えない、日本列島はクルーズ船化しているの川淵三郎はまったく理解していないのだ。

新型コロナウイルスの患者は陰性の選手を陽性にする

東京五輪には世界から新型コロナウイルス陰性の人々が集まる、コロナウイルス患者は完治するのは難しのだ、免疫で新型コロナウイルスを排除しなければならないのだ、国際五輪が開催国の日本に配慮とは何を意味するのか川淵三郎は理解するべきだ。

川淵三郎に告げる新型コロナウイルスを勉強しなさい

高齢者は一度新型コロナウイルスの患者になればしばらくし陽性に成ると思わざるJリーグチェアマンの川淵三郎の例外では有りません、日本政府も遅ればせながら民間のイベント自粛を発表したが遅すぎた、のですがその要な批判はしない川淵三郎は新型コロナウイルスを理解していない要です。

新型コロナウイルスの患者は日本全土に拡散しているのだ、自覚症状がない人が若者層に多いのだ、しかも潜伏期間が長いウイルスなのだ、開催国の日本に如何なる配慮を求めると言うのか理解できない川淵三郎のツイートです。

東京マラソン中止が望ましい

東京マラソンは中止するべきと思う、川淵三郎Jリーグチェアマンは新型コロナウイルス感染は自己責任と言うが馬鹿げた発言しか思えない、新型コロナウイルスの患者はウイルスを拡散しているのです、ハッキリしているのは感染するのです、自己責任発言には驚くばかりです、川淵三郎は新型コロナウイルスのウイルスを理解できない要です。

確かなのは拡散力が凄いのです、これはクルーズ船の新型コロナウイルスの患者が証明しているのです、香港の1人の患者を下船し瞬く間にクルーズ船は中国武漢の要なったのです。

それ以外は検査が陰性でも瞬く間に陽性に成る事、又子供も観戦するのです、東京五輪が開催されない中での東京マラソンの意味はありません。

まとめ

国際オリンピック委員会(IOC)で最古参委員のディック・パウンド氏(77)カナダがAP通信のインタビューで「東京五輪は2か月の準備が必要になる」とコメントした。

ウイルス感染収束のデッドライが東京五輪開幕の2か月前となる5月24日前後と語り、事態が収束できていない場合は「中止を検討するだろう」との見解を示したことに。

川淵三郎は「東京オリンピックパラリンピックの開催は待っても3ヶ月という言い方は開催国開催都市に対するリスペクトに欠ける」とツイートした。

どこがリスペクトに欠けるもか分からないのです、新型コロナウイルスの患者は世界的に増加傾向に有る、この新型コロナウイルスの患者を無くすには新薬のウイルスワクチンが開発できない場合は五輪開催は無理だ。

世界の人々を新型コロナウイルスの患者してはいけないのです、勇気ある決断を望む元Jリーグチェアマンの川淵三郎はなにも知らない人です世界に恥ずかしいツイートは辞めてください。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-スポーツ, ニュース

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.