ニュース 国内

ポスト安倍ランキング小泉進次郎環境相が失速!

投稿日:

言い訳答弁

芸能人の滝クリとの国会での決婚記者会見を始め政治資金収支報告書に記載されない人妻不倫、新型コロナウイルスの対策本部を欠席し滝クリと地元の新年会に主席、極め付けは意味不明なセクシー発言の小泉進次郎環境相のポスト安倍は完全に失速した。

ポスト安倍2020年2月調査

・石破茂(25%)
・小泉進次郎(14%)
・河野太郎(8%)
・岸田文雄(6%)
・菅義偉(5%)
・茂木敏充(1%)
・加藤勝信(1%)
・この中にはいない(32%)
*その他・答えないは省略

この要なランキングになっております、不思議なのは小泉進次郎環境相が14%と2番に付いている事です、仕事はできるのか?外交問題での諸外国との関係構築、アメリカのトランプ大統領との駆け引き、プーチン大統領との北方領土問題、北朝鮮との拉致問題。

日本の二酸化炭素の排出問題(環境相)問題は満載です、小泉進次郎環境相が総理大臣に成れば自由民主党は完全に割れると思われ、小泉進次郎環境相は仕事はできるのかが解らない部分が多すぎる、言う事と行う行為が違うのが最大の欠点の要です、人気アイドルでは政治はできません。

小泉進次郎環境相としての仕事も失速

小泉進次郎環境相が就任時、気候変動や石炭火力発電というテーマに強い関心があったとは考えにくいのです、記者団に若き環境活動家グレタ・トゥンベリさんについて問われても答えに窮した「石炭は減らす」と述べつつも詳細に触れなかった。

就任直後から海外で石炭火力への厳しい批判にさらされ続けた日本の二酸化炭素の排出技術開発を世界に発信する能力に欠けた、小泉進次郎環境相のポスト安倍ランキング2位は高すぎると思わざるを得ない、自由民主党の内部からも小泉進次郎環境相のポスト安倍ランキングは完全に失速した要です。

小泉進次郎環境相は新型コロナウイルス対策本部欠席

小泉進次郎環境相がポスト安倍から失速した問題は国民的危機の新型コロナウイルスの対策本部を欠席した事だ、コロナウイルス問題は日本全土に拡散する、国会でも今は新型コロナウイルス問題で揺れている。

昨日も閣僚の小泉進次郎環境相はコロナ対策本部を欠席を野党から追求された、小泉進次郎環境相は攻めには意外と強いが責められると見事に完敗する、これではポスト安倍は無理だ失速は当然だろう。

まとめ

ポスト安倍は小泉進次郎環境相と言われたが完全に失速した、誰もが知るスキャンダル問題や新型コロナウイルスの対策本部を欠席した、又世界デビューの答弁がポエム発言とネットは炎上し、若いグレタ・トウンべりさんに完敗した。

日本の二酸化炭素の技術開発を説明できない状態で世界にアピールしたのは地球温暖化に背を向けた日本をアピールした結果となったのです、これでは世界のツワモノ、例えばトランプ大統領やプーチン大統領との駆け引きは小泉進次郎環境相では無理と思える、やはり実力者の石破茂がポスト安倍ではないでしょうか。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.