高校野球が甲子園選抜大会は中止は仕方ない!

日本高野連が今回は選抜高校野球を無観客開催で甲子園球場で開催するとか言われていますが、今回の甲子園選抜高校野球は違うと思うのです。

意見はさまざまだが新型コロナウイルスの拡散されている日本全土で小中高は学校お休みの中で高校野球のみ開催とは違うと思う、高校生のスポーツは野球以外は休止を決めている、高校野球のみ得別なのでしょか。

誰も甲子園を目指した選手に出場させたい

確かに甲子園を目指して猛烈に耐えた選手に甲子園出場をさせたい、例え無観客開催でもと言う高野連の気持ちも解るが仕方ない事も有るのが教育の一環と思えば仕方ない。

例え甲子園でプレーした野球球児達が将来に置いて良い思い出に成るだろうか、自分達のみ野球で甲子園でプレーした事が本当に良い思い出になるか聞きたい。

同級生のスポーツマンの多くは早く大会の休止を決めているのです、個人種目柔道、テニス、ボート、体操、ゴルフ、日本拳法も猛烈に耐えたに違いないが野球のみ甲子園でプレーとは違うと思うのです。

大人の思惑なのですか?

甲子園の無観客開催は史上初だ、当然の如く中止が望ましいNAKの中継は有りません、それなりの選手保護は有るだろうが選抜高校野球は観客有っての甲子園選抜高校野球なのだ。

選手は確かに可哀想に思うがここは乗り越えてもらいたいのです、高野連のテレビ会見を見ると、子供達に甲子園でプレーをさせたいと言うが、甲子園選抜高校球児達は将来に置いて、野球のみ甲子園選抜高校野球に出場した事に誇りを持てるか大きな疑問なのです。

辞めろとは言わないが今一度考えてもらいたい、高校生スポーツは野球のみではありません、すべての事情を甲子園選抜球児達に説明する、当然野球球児の意見も入れるべきであると考えるのです。

まとめ

新型コロナウイルスが拡散している、いまだに日本全土にウイルス患者がでている、甲子園選抜は中止が望ましい、ウイルス拡散の心配が有りません。

将来に置いて彼ら野球球児のみ全国高校野球甲子園選抜大会に出場したと胸を張り言えるだろうか、同期の全てのスポーツマンは全国高校大会を辞めたのです。

例え優勝して将来的に誇りは持てないと思わざるを得ないのです、災害とは違う新型コロナウイルスは日本全土でウイルスと戦いなのです。

だからこそ高野連の選抜高校野球は今一度中止を考える事を進める、決して野球が嫌いな訳では有りません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です