2020名古屋ウィメンズマラソン最後の1枠誰が取る ?

今回が最後の最後、非常に厳しい名古屋名古屋ウィメンズマラソンだ、1月の「MGC」ファイルを兼ねた大阪国際女子マラソンで松田瑞生(ダイハツ)が出した2時間21分47秒を切れる選手が現れるのか正に最後の1枠だ。

既に「MGC」の1位1位の前田穂南(天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が内定しているのです。

国内招待選手エチオピアのヘレン・トラと勝負できるか

招待選手エチオピアのヘレン・トラ(25)を中心にレースは展開すると思われる、彼女の持ちタイムは2時間21分01秒なのです。

国内招待選手はエチオピアのヘレン・トラと最後まで付ければ五輪女子マラソン最後の1枠が見えてくる、ヘレン・トラに付けなければ大阪国際女子マラソン松田瑞生(ダイハツ)が3枠目で決まる。

国内招待選手は当然2時間21分47秒を目標に走るのだ、ヘレン・トラが目標と走れば松田瑞生を上回る「今の日本女子マラソンランナーは2時間21分47秒は切れない」と言われるが解らないのがマラソンだ。

国内招待選手も凄いメンバー

(安藤友香(25)ワコール持ちタイムは2時間21分36秒) 

(福士加代子ワコール(37)持ちタイムは2時間22分7秒)

 (岩出玲亜(25) 東京アンダーアーマー 持ちタイムは2時間23分52秒)

 (一山 麻緒 (22)ワコール 持ちタイムは2時間24分33秒) 

(池満彩乃(28)鹿児島銀行 持ちタイムは2時間26分07秒) 

(野上恵子(34)長崎十八銀行持ちタイムは 2時間26分33秒) 

(清田真央(26)静岡 スズキ浜松AC 持ちタイム2時間23分47秒)

以上7名が名古屋名古屋ウィメンズマラソンの国内招待選手です、注目される選手は当然ワコールの福士加代子ですが、ワコールの若者女子マラソンランナー一山麻緒が有望と見られています。

彼女は今回の名古屋名古屋ウィメンズマラソンで最年少、一山麻央選手は、話題の「厚底シューズ」で初の五輪に挑戦します、又ワコールの福士加代子はラストランと言われています、どのような走りをするのでしょうか。

まとめ

2020年3月8日名古屋名古屋ウィメンズマラソン女子マラソンが始まります、最後の最後です、2時間21分47秒の記録で待つ松田瑞生(ダイハツ)の記録破り代表に踊りでる選手はいるのでしょか。

見どころの多いい名古屋名古屋ウィメンズ女子マラソンです、福士加代子のラストランは?最年少のワコール一山麻緒が或いは記録更新するのは不可能では有りません。

初の「厚底シューズ」は2時間21分47秒を破る可能性が有るのです、3月8日が楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です