博多男子も勝てない新型コロナウイルスどんたく港祭り中止決定

大型連休連休ゴールデンウイークに開催される第59回どんたく港まつりが姿を見せない敵である新型コロナウイルスの感染拡大の為に中止に成る1962年以降では初めてになる。

博多男子も勝てないコロナ中止は1962年以降では初。

福岡商工会議所など主催団体が新型コロナウイルスの感染が心配と中止に向けた調整に入った、博多男子も勝てないコロナウイルス、商工会議所主催の博多どんたく中止は当然な事だろうね。

大勢の人が集まる中でパレードは774団体合計は約3万6千人が参加する又例年200万人以上の来客が集まる博多どんたくも今は新型コロナウイルスには勝てないのです。

何しろ敵は姿を見せないのだ、密かに忍び寄るコロナウイルスには博多どんたくも完敗だ1962年以降悪天候での中止以外初と言われています。

博多男子がコロナウイルスを必ずやっつける

世界ではアメリカが中国を抜き世界1番になってしまった博多どんたく港祭りも致し方無い博多男子も今は勝てないのです、コロナウイルスにはワクチンが有りません今に必ず博多男子がワクチンが開発でコロナウイルスを滅亡させる。

必ず博多どんたくを中止させた新型コロナウイルスをやっつける、ワクチンが開発される人類の歴史だ、それまで待たなければならない経済も大事だが何よりも命が大事ではないか必ず人類は新型コロナウイルスを滅亡されるワクチンが開発をなしえる。

それまでは博多どんたくも延期は致し方無い問題だ残念ながらと言う声が聞こえるが中止は当然だ、新型コロナウイルスを無視しどんたく港祭りを開催すれば大変な事態が待っていると思われる、この我慢の経験は確かに辛いがその分次の博多どんたく港祭りが盛り上がると言うものです。

博多どんたく中止は全てのイベントを中止するべき

忍び寄る新型コロナウイルスに勝利するまで我々と博多男子は静かにしなければならない、時間を稼ぐのです、その時間は解らないが必ず人類は新型コロナウイルスを打ち負かす、その時博多どんたくを楽しむのです。

それが人類の歴史なのです、コロナ、インフルエンザ、色々なウイルスと戦ってきた人類が今地球上に存在しているのは細菌との戦いに勝利したから他ならない。

ペニシリンも凄い役割を果たした、だからこそイベントは今は博多どんたくも中止は当然な事と心得るのです。

まとめ

確かにイベント博多どんたく中止は経済的に大変な事態だ大きな損失を出している、だが経済も命有ってのものです、この新型コロナウイルスを滅亡される事が最大の今は試練なのです。

多くの人々は新型コロナウイルスには勝てない、しかし逃げる事はできる、博多男子も外出自粛と手洗いなどだ、今は仕方ない必ず人類の専門家の誰かが新型コロナウイルスのワクチンが開発をするだろう。

我慢をしなければならない、それが人類の歴史なのだ新型コロナウイルスが大暴れしている、しかも姿も見せない厄介な敵だ、楽しみにしていた世界のイベント中止は悲しみだが仕方ない事は有る。

今は博多どんたくも我慢だ新型コロナウイルスから逃げるのです、静かに自粛することが大事なのです、いまに開発される新型コロナウイルスを滅亡させるワクチンが開発で博多どんたく港祭り開催は必ず来る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です