「速報」志村けんさん人工肺も駄目で死亡

志村けんさん「ザ・ドリフターズ」が新型コロナウイルスに人工肺も駄目で死亡していた事が30日わかりました、新型コロナウイルスの怖さと早さをあらためて知らしめる志村けんさんの死亡でした。

新型コロナウイルスは高齢者は怖い

新型コロナウイルスで死亡した志村けんさんは70歳と高齢者の仲間でした、どこで新型コロナウイルスに感染したのか不明で志村けんさんはお酒が好きで毎日のように夜の巷で飲酒していたと言われています。

交友関係も多くはしご酒を繰り返していた為に感染がどこからか特定出来なかったようです、東京では現在は外出自粛が叫ばれていますがもう少し早く外出自粛を東京都が叫けんでいれば或いは志村けんさんは外出自粛で新型コロナウイルス感染を避けられたかも知れません。

志村けんさんの死亡で高齢者のウイルス感染の怖さを知る

志村けんさん70歳のコロナウイルス感染は高齢者は怖いと改め感じました、若い人は感染が分からないと言われる人もいます、その要な若者層から新型コロナウイルスに高齢者は感染するのです。

先ずは肺炎になる人工肺で治療で助かる人もいるが残念ながら志村けんさんは新型コロナウイルスで死亡されました、志村けんさんから学ぶ事は多く有ります志村けんさんの死亡を無駄にしない要にしなければならない。

17日倦怠感の症状が出た志村けんさん

志村けんさんコロナウイルスに死亡した経過は17日から倦怠感の症状があり19日には発熱・呼吸困難の症状が出現し20日に都内の病院に搬送され、重度の肺炎との診断を受けて入院。

診察の際に新型コロナウイルス感染が疑われたため検査が実施され、23日夜に陽性が確認された、その後院内にて人工心肺で治療で受けていたが新型コロナウイルスで死亡されました。

新型コロナウイルスと言われるウイルスは肺炎になると早いと言われていたが志村けんさんの死亡が証明した要です。

まとめ

志村けんさんの死亡から学ばなかければならない、できれば若い人との距離を置く、若者層には新型コロナウイルスの自覚症状が出ないのです。

潜伏期間が14日と長いのです、だから出来れば自宅待機がベストだが手洗いと消毒が大事です、顔を触ると感染するのです、買い物は有りますが帰ると必ず守る手洗いと消毒だこれで自身を守るのです。

志村けんさんの死亡から改めて新型コロナウイルスの怖さをを知りました、人工肺も駄目でした、若い人は自覚症状が出ないのが怖いのです。

自覚症状がなければ解らないので高齢者にも接近します、両親にも感染させるリスクが有るのです、自覚症状がない新型コロナウイルスは厄介なウイルスです。

今は無駄な外出自粛を守り自宅待機で新型コロナウイルスと戦う事しか有りません、志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です