北九州門司新小文字病院クラスター大あわて北橋市長!

北九州市には今頃は新型コロナウイルスの患者は小倉在宅の患者1名とされていたが、門司区新小文字病院でクラスターが発生し北橋市長は大あわてで厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請しました。

北九州市門司新小スターが発生

新型コロナウイルスのクラスターは何処でも発生する

新型コロナウイルスが猛威を振るう、危険なのはクラスターです福岡県博多にも介護老人保健施設でクラスターが発生した要です、今やクラスターは日本全土で起きる危険性が有るクラスターが発生は新型コロナウイルスの患者のみならず医療関係者にもウイルス感染させる医療機関が崩壊するのが怖いのです。

新小文字病院のクラスターが発生は80代の男性との接触で20代~50代の医師や看護師及び薬剤師が’感染し北九州市の新型コロナウイルスの患者は42名と成った、新型コロナウイルスのクラスターは北九州市だけでなく福岡県全体を警戒しなければならない、先ずはウイルス感染しない事だ外出自粛を徹底的にしなければならない。

誰の為では有りません、日本全土の為です、北九州市も福岡博多も歓楽街は凄い週末は東京都は完全にとは言えないがかなり自粛をしているが小倉はまだまだこれからの要です。

若い人は自覚症状がないのが怖い

新型コロナウイルスに感染するのは高齢者が多いい、若い人も感染しているが自覚症状がないので外出する、これは当然のことだ、通勤も有る問題は発熱してからの行動だ、確かに発熱は辛いが厚生労働省は若い人の発熱は自宅待機を促している。

「免疫力で回復をしなさい」と言う事の要です、自覚症状が出ない内に高齢者に感染するのです、だから高齢者は外出を自粛する事が最大の新型コロナウイルスとの戦いだ、感染すると病院でクラスターを発生させるのです。

北九州市も東京都と同じく週末は自粛する高齢者は自宅待機を徹底しなければこの新型コロナウイルスに勝てない、朝からテレビ番組はウイルスのニュースが続く仕方ない事だ。

うんざりするが必ず人類は新型コロナウイルスに勝利する高齢者は自宅待機で頑張るしか今は方法はない、若い人は自覚症状がない、要するに潜伏期間が長いのです、だから歓楽街の自粛が最大の新型コロナウイルスとの戦いと思われる。

まとめ

新型コロナウイルスが北九州市の新門司小文字病院でクラスターが発生をし病院は外来診察や救急患者の受け入れなどを停止しています、北橋市長は入院患者およそ180人と病院の職員およそ600人をあわせておよそ780人のPCR検査を急ぐ方針で大あわてで厚生労働省にクラスター対策班の派遣を要請しました。

北九州市の北橋市長は真面目な人物と信じている、大あわてで対応に追われている我々市民高齢者は外出自粛をしなければならないと思います。

https://youtu.be/XuECBhh8lY4

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です