大阪府の外出自粛に応じないパチンコ依存症人物が悲しいのだ

自粛要請に応じないパチンコ6店舗

大阪府が休業要請に応じないパチンコ店の名前を24日正午の時点で営業が続けられている場合、法律に基づき、午後にも店名の公表に踏み切る。

休業要請に応じないパチンコ店を公表するのだがコロナウイルス感染が騒がれる大阪でいまだにパチンコをする依存症がいる事が悲しいのだ。

大阪はウイルス感染者が多発する自粛は当然

大阪府は23日時点で新型コロナウイルスの感染者が新たに35人を確認した都市なのです、大阪府内の感染者は累計で1415人となり新たに60~80代の男性4人が死亡し、感染による死者は計22人となった大阪府なのです、確かに開店するパチンコ店も悪がそれ以上に悪いのはパチンコをする依存症が悪いのだ。

自粛しないパチンコ依存症がウイルス患者

大阪知事が頑張るなか外出自粛ができないのか、パチンコ店も誰もパチンコ店に来店しなければ確実に閉店するのは明らかだ、この要な人物が果たして3密を守られているのか疑問だ、要する自分の意志のままに生きる人々と思われるウイルス感染がどれ程に迷惑をかけるか理解できない人々がいる事が悲しいのだ。

ウイルス感染者は無症状感染者もいる、又感染潜伏期間が長いのですそれを理解できない大阪府の人物が多いいのが不思議なのだ、いくら大阪府知事が叫んでもこの要な人物が溢れている大阪地域だ、この要な人物がいる限り新型コロナウイルスとの戦いは絵に描いた餅だ。

あえて言いたい事が有るパチンコ店に入り浸る人物の顔写真を公開するのもウイルス感染を止める手立ての要だ、勿論プライバシー侵害などの法律が有るが今回は日本全土がウイルス感染者を止めなければならないのだパチンコ店名を公開してもパチンコ依存症がいる限りウイルス感染の戦いは終わ

日本全土で新型コロナウイルスと戦うが自分が楽しかったら良いと思うバカがウイルス感染する、この要なバカは意外と自覚症状がないのだ、それに高齢者が感染するのです。

大阪府は医療崩壊と思われる地域、これ以上新型コロナウイル患者を出す訳にはいかないのだ、だから自分が楽しかったら良いは思わないでもらいたい、バカが感染すると大変な事態になるのです。

外出自粛が叫ばれる日本全土で80%人々自粛目標をたてウイルス感染と戦うなか一部のバカが感染するとすべてが水の泡なのだ、パチンコは完全にウイルとの戦いを終焉し楽しめば良い、その時こそが自己責任と言われるだろう。

今はパチンコは自己責任とは言えないのです、これが理解できない人物がいる限り新型コロナウイルスとの戦いは負ける。

自粛しなパチンコ店が悪いのは当然

パチンコ店は今回は大阪府も休業要請に指定されているのだ、それにもかかわらずパチンコ依存症を相手にパチンコをさせるこれはバカより悪い、コロナウイルス感染する3密の代表的パチンコはウイルス感染の元だ。

パチンコ依存症を造り挙げ商売をするパチンコ店今回は休業要請に応じるべきだ、そうしないとパチンコ業界は日本全土から崩壊する法律ができる事を知るべきだ、いくら国会議員に裏金を渡してもパチンコ店は日本全土かた消えることに成ると理解するべきである。

まとめ

大阪府が休業要請に従わないパチンコ店を名前を公開する、当然のことだがパチンコ店も悪いが、パチンコをする人物も悪い、なぜならばこの要な人物が外出自粛をするとは思えないのだ、では如何にする、パチンコ店もパチンコをする人物も公開しなければ新型コロナウイルスとの戦いは負ける。

その意味は何もしない人がウイルス感染し死亡するのです、又いつまでもウイルス感染の恐怖を背負い生きなければならないのです。

パチンコ依存症もいるがパチンコ店が閉店すれば外出自粛を考える余裕ができる、だからパチンコ店は大阪府の休業要請に応じてもらいたいのですがいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です