コロナウイルス ニュース 芸能界

石田純一コロナウイルス感染「アビガン」の副作用が脳梗塞?

投稿日:

石田純一は新型コロナウイルス感染で4月14日入院したが15日ウイルス陽性で「アビガン」を投与し高熱は下がり、退院は時間の問題と観られていたが「アビガン」の副作用が発症し脳梗塞になりかねない事態に成っている。

新型コロナウイルスの特効薬はアビガンではなかった

コロナウイルスには「アビガン」投与で回復すると言われていたが、確かに「アビガン」投与で回復し退院したコロナウイルス陽性患者は多くいたが石田純一には「アビガン」は副作用をもたらした要です。

「アビガン」の投与は初期症状には効き目が有ると言われていたが石田純一の「アビガン」投与は遅すぎたのか、それとも年齢によるものなのか、いまだ解らないのです、ウイルス陽性になれば「アビガン」が特効薬と思われたが今一度考えさせらるのです。

新型コロナウイルス対策には外出自粛が一番の対策の要です、石田純一は外出自粛をしていなかった要です、国内のゴルフ場で感染した要です、一緒にラウンドしていた男性が体調不良で入院していたのです。

石田純一は自覚症状がなかったのか沖縄に経営する冷麺屋の今後を話し合うため、現地入りし発病したのです、そう考えると時間が経過し過ぎたのか「アビガン」の投与は副作用をもたらしたのです。

ウイルス対策には外出自粛しかないのです「アビガン」最後の手段

石田純一は入院し3週間になりますが、未だに退院に至っていないのです、確かに「アビガン」は初期症状には効き目が有ると言われていますが先ずはコロナウイルス対策には外出自粛が一番大事ななのです。

その意味でも軽率な行動が新型コロナウイルスに感染するのですウイルスとの戦いは今からでも続きますがウイルス陽性になれば「アビガン」が有ると考えない事です「アビガン」は副作用が有るのです。

石田純一が教えてくれたのです、「アビガン」を投与された石田純一は4日ほどで平熱に戻ったと、文化放送のラジオ番組で報告し安心を与えていましたがまだまだ治療は続くようです。

コロナウイルス陽性患者の石田純一は苦しんでいる

石田純一は軽率な行動でウイルス陽性に成ったのです、ゴルフのプレー後の「寿司を食べる会」に主席したのです、そこでウイルスに感染したのです、3密を守らない行動がウイルス陽性に成ったのです。

世間では軽率だったと言われます、今「アビガン」の治療で副作用で苦しんでいるのです、家族も心配しているのです、私達はウイルス感染にかからないようにしなければならないのです。

ウイルス陽性に成れば「アビガン」が有ると簡単に考えられない事が大事なのです、今一度外出自粛をしなければなりません「アビガン」の副作用で脳梗塞にかからない為に無駄な外出自粛をするべきと思います。

さいごに

芸能界やスポーツ界から多くのコロナウイルス陽性患者が出ています、無駄な外出自粛をしなかった人にもウイルスは襲います、正体不明の新型コロナウイルス対策は簡単では有りません。

私達にできる事は無駄な外出自粛をしない、今は是しか方法がない要です、自宅待機は確かに苦しいがウイルスは更に苦しいのです、家族や愛する人の為にもできる無駄な外出自粛を守ぬく是がウイルスとの戦いと思われます。

-コロナウイルス, ニュース, 芸能界

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.