報道ステ富川雄太コロナ療養の黒い家の罵声は妻「ミキ」!

報道ステ富川雄太が新型コロナウイルスに感染は4月11日、その後2度PRC検査で陰性と判定21日退院して自宅療養のなかに自宅黒い家から聞こえる罵声は妻の「ミキ」驚いた近所の人は異常事態と警察に通報し警察官が出動した。

富川アナの家から聞こえる妻「ミキ」の罵声は凄すぎる

「ミキ」は元タレント活動をしていたとか言われている、詳細は不明だが言葉使いを知らない異常人物の要な女性としかイメージができない女性だ、「ミキ」の罵声の一部が凄い「だからお前は脳みそが腐ってんだよ!」「また馬鹿が散らかしてるわ、ここ頭悪ッ!」「いい加減にしろよ馬鹿どこまで頭悪いんだよ!」

この要な罵声は日常茶飯事とか言われている、富川一家は3年前に越してきたばかりだという、新築3階建て屋上付きの一軒家、このエリアにはマンションや戸建てが密集し、富川邸の裏にはファミリー向けの大型マンションが建っている、近隣との距離はかなり近い、富川一家が越してきて間もなく、その絶叫は近隣の間で噂になったという。

罵声を浴びさせているのは現在は中学生と小学生の男の子だ、コロナウイルス感染症に関わる家庭内のDVが問題視されているが「ミキ」は違う要です、近所では有名に成っていた、今回は新型コロナウイルスで報道ステーションを休んでいる富川雄太のストレスなのか今回は酷かったのです、だから警察官が出動したのです。

黒い家での富川雄太アナの存在感はなし

「ミキ」がいくら怒鳴り挙げ、凄い罵声を子供達に浴びせても富川雄太は知らぬ顔をしている「馬鹿!」「おめぇ!」「ふざけんじゃねぇ!」この要な言葉を使う「ミキ」に富川雄太は知らない顔をしている子供達はたまったものではない、女性の母親の罵声を浴びる日々に近所の人は驚いていたのです。

今回は酷すぎる罵声を児童の虐待と思い警察に通報したのです、この行為に通報を受けた警察官は富川雄太の黒い家に向かい話し合いをしたが何もなかった要に引き上げたのです、富川雄太はアナウンサーで知名度が有るそれで警察官は引き返したのかも知れませんが報道ステーションのメインキャスターが自宅で存在感がないとは驚きました。

報道ステーションのメインキャスターの富川雄太は失格

富川雄太は2016年古舘伊知郎の後任としてメインキャスターに抜擢された、2006年に「ミキ」と結婚したその「ミキ」が大問題なのです、中学生と小学生の2人の男の子の父親の富川雄太は「ミキ」の罵声に知らぬ顔をしている、近所の人は虐待と思い警察に通報した富川雄太の妻「ミキ」は酷く過ぎる。

これでは今後報道ステーションの富川雄太を見たくないのは誰もではないでしょうか、報道する富川雄太が報道されるとは逆転した要です、ズバリ言えばメインキャスター失格した富川雄太と思えるのです、近所迷惑をかける妻「ミキ」に何も言えない富川雄太は人格形成が伴っていない従って失格なのです。

おわりに

新型コロナウイルスは先が見えない、一度感染者が減少してもウイルスのワクチンがない限りいつまで続く、ステイホームが私たちのできるウイルスとの戦いだ、黒い家の富川雄太も新型コロナウイルス感染で私生活も暴露された。

しかも妻「ミキ」の暴言が報道ステーションのメインキャスターの地位を危うくさせた、新型コロナウイルスはどこまで人々の人生を変えるのかワクチン開発を祈るばかりです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です