ニュース 国内

黒川検事長の賭けマージャンで安倍政権の崩壊リーチ

投稿日:

黒川検事長の賭けマージャンで阿部総理の思惑はすべて失われた黒川検事長の定年を8月まで延ばすことを閣議決定し阿部総理の数々のスキャンダルが暴かれる。

阿部総理の数々の疑惑は黒川検事長の賭けマージャンで崩壊

黒川検事長が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が出ている5月初旬に産経新聞記者や朝日新聞社員とマージャンをしていたと週刊文春(電子版)が20日に報じたことを受け、黒川氏が法務省の聞き取り調査に対し、賭けマージャンをしたことを認めたことがわかった。

黒川氏は関係者に辞意を漏らしているという、正に阿部総理の身体問題が危うい黒川検事長を検察庁のトップに置き「桜を見る会」「モリカケ問題」を黒川検事長の定年延長で逃げ切りを図ったが阿部総理の崩壊はリーチ将棋では詰みだ。

「桜を見る会」は、500人以上の弁護士や法学者らが21日にも、公職選挙法と政治資金規正法違反の疑いで、首相と後援会幹部の計3人の告発状を東京地検に提出すると関係者が明らかにした、弁護士有志は今年2月「桜を見る会」を追及する法律家の会を結成し刑事告発への賛同の声は全国に広がっていたが黒川検事長が辞めれば有罪判決は確実だろう。

安倍長期政権がもたらしたモリカケ問題や森友学園問題

加計問題をめぐっては「総理のご意向」と書かれた内部文書がリークによって表沙汰になり、これは詰んだなと思ったが「有りません」と言い続けてきた文書が出てきたのです、破棄したとされている名簿が、何らかの形で出てきたら大変なことになる、森雅子法相は同日、調査内容を官邸に報告し「財務省の佐川」が登場する。

公文書をシュレッターで廃棄処分をしていたのです、更に森友問題で自殺した財務省職員の妻がオンライン署名立ち上げ 1日で9万人以上の賛同者が集まる「このままでは夫の死が無駄になってしまいます」と、署名への協力を呼びかけています、黒川検事長の賭けマージャンで署名活動はさらに飛躍する。

「私の夫、赤木俊夫がなぜ自死に追い込まれたのか」有識者によって構成される第三者委員会を立ち上げ、公正中立な調査を実施して下さい、学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省の文書改ざんに関わり自殺した職員、赤木俊夫さんの妻が3月27日、オンライン署名サイト「Change.org」でプロジェクトを立ち上げた、赤木さんが自死に追い込まれた原因と経緯を明らかにするため、有識者による第三者委員会を立ち上げ、「公正中立」な調査をするよう求めている。

おわりに

官僚はなぜ安倍長期政権を支えたのか常に「安倍首相を矢面に立たせないこと」に集中していた、官僚の出世欲が安倍長期政権を支えたと思える「昭江夫人」も活躍した、活躍は「昭江夫人」も公人とし支えた、総理夫人も黒川検事長の賭けマージャンで大きく変わると思われる。

安倍政権の崩壊で昭江夫人も自殺した赤城さんの手紙に答えなければならない。




-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.