小池百合子の東京都知事「反対」8割の都庁職員が多すぎる訳

都庁職員に嫌われる小池百合子

「都政新報」によると再選が有力視されている小池百合子が都庁職員の8割が再選に反対しているのです、小池百合子はなぜ都庁職員に人気がないのか。

コロナウイル対策東京アラートが意味不明

コロナウイルス対策で小池百合子都知事は東京アラートをだした、だが小池百合子都知事は感染者が増加してもアラートは機能していない、辞めたのだ都庁職員は「東京アラート」って、なんの意味があったんでしょう。

現場は「わけがわからない」と言っています、だれも、感染拡大が落ち着いたとは見ていないですからです増加傾向に有るコロナウイルス患者に政治的な決断ができない小池百合子都知事は何時も同じく専門家の意見を聞いて判断すると言う、東京アラート(レインボーブリッジ)は今は赤に染まる時期だ都知事判断でもう一度東京アラート発動し(レインボーブリッジ)を赤く染める事に意味が有る。

経済回復とウイルスとの戦いを忘れたのか淡々と記者会見をする小池百合子都知事は東京都都知事選の真っ最中だ、本来の小池百合子ならば小池劇場の始まりの時期だが選挙の敵がいない、ブラックボックスが無いのです、そうなれば小池百合子は都民にアピールはコロナウイルスとの戦いをアピールするのみの選挙戦だ、しかも東京都職員の人気がまったくないのです、今回の選挙は過去にない小池百合子の選挙になりそうです。

小池百合子都知事の都民ファーストの会

小池百合子都知事は有能な職員の意見を聞かない、味方の都民ファーストの会のメンバーの意見を重視する、都庁職員の不満はここら辺に有る要だ、小池百合子は常に敵がいなければ生きていけない政治家なのだ、派手にレインボーブリッジを赤に染めたが都民フアーストの会の意見か東京アラートは辞めた要だ、今が大事なのだ東京都はウイルス感染は増加傾向に有る、しかも50人を超えている東京都は都民フアーストだけの意見では駄目だ都庁職員の意見も聞かなければならない。

女帝小池百合子の出版を都庁職員は見ている

女帝小池百合子をノンフィクション作家の石井妙子が世にだした、時には自らをジャンヌ・ダルクに模し、政界の荒波を強かにくぐり抜けて権力の階段を上り続ける小池百合子の隠された素顔を、様々なエピソードとそれに絡む関係者の証言で、浮き彫りにした。なかでも、石井が突き詰めようとしたのは、小池氏の「カイロ大卒」という学歴の真偽。すでに、小池氏の政治家人生の節目毎に囁かれてきた「学歴詐称疑惑」だが、石井氏は今回、エジプト・カイロでの同居人女性の生々しい証言と証拠を掘り起こすことで、政治家・小池百合子の闇の深さを世に問おうとしている。

おわりに

コロナウイルス対策の東京アラートが失敗した、都庁職員は8割が小池百合子の再選を望まない、女帝小池百合子に書かれた「カイロ大卒」敵がいないと戦えない小池百合子は正に謎多き女性だ、8割が反対の都庁職員の意味が解る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です