森喜朗、「東京五輪開催」すればコロナウイルスで日本壊滅!

誰が森喜朗(83)を東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会会長に指名したのか、森喜朗は五輪を開催しか頭にない要だ、17日五輪パラリンピックを中止すれば倍の金が掛かると言い出した、IOCは五輪は通常通りの開催を提案しているのだ。

森喜朗は東京五輪・パラリンピックのみ頭に有る要だ

日本はもちろん全世界に拡散する新型コロナウイルス東京五輪・パラリンピックはIOCの希望のとうり開催は無理と誰もが思っているのです、アメリカ、ヨーロッパ、ブラジル、は新型コロナウイルスで膨大な被害者を出している、森喜朗は知らないのか確かに森喜朗は東京五輪・パラリンピックの組織委員会会長だが冷静に世界情勢を見なければならない。

「中止になれば倍の金」と言うが開催できると思っているのか冷静に見るべきである、五輪を開催を無観客開催はできません、世界から新型コロナウイルスの無症状患者が来日すれば東京都及び日本全土は如何に成るか理解不能なのか「お金お金」と言う森喜朗は東京五輪・パラリンピックの組織委員会会長をお辞めなさい、日本全土を壊滅させるのか、それともワクチンの開発情報でも掴んだのか、そうでない場合は五輪を開催は無理です。

森喜朗お金お金と言うが命が大事

世界ではコロナウイルス患者は1400万人、死亡者は60.1万人も出ているのです、とても東京五輪・パラリンピックの開催は無理なのです、日本政府は今は言えないのです、森喜朗会長は空気を読めないのか誰も諦めているのです。

柔道連盟は無理とコメントを出しました、レスリングも無理と言っているのです、密に成るのは当然の競技です、外国人の選手とはウイルス感染が怖くて駄目なのです、森喜朗会長が先頭に立ち「お金お金」と言うよりもアスリートフアーストを語るならばおやめください、空気を読んで下さい。

選手は可哀想だがコロナウイルス患者してはいけない

東京五輪・パラリンピックを目指して日々練習した選手には気の毒だが仕方ないのです、コロナウイルスで日本も壊滅してはならないのです、森喜朗会長も最後の仕事の要ですが冷静沈着に世界の情報を見て下さい、バッハ会長とは仲良し関係の要ですが五輪開催は縮小はできないと言われています。

テレビ等契約問題が有る要です、ここはスッキリと諦めましょう、もしもウイル対策のワクチンが間に合えば事態は解りませんが、世界の選手達は予選会もしていない要です、間に合わせると言われるのですか、かなりの高いハードルと思います。

おわりに

森喜朗会長が東京五輪・パラリンピックが中止になればお金が倍に成ると騒いでいる、倍の根拠が解らないのです、開催すれば又お金は掛かると聞いています、「お金お金」と言う前に世界のコロナウイルス発生を見て騒いで下さい、選手も国民も「東京五輪・パラリンピック」開催で日本壊滅にはできません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です