ニュース 国内

「前代未聞」日本三名橋の錦帯橋をバイクで走った馬鹿がいた!

投稿日:

日本三大橋の一つ錦帯橋をなんとバイクを乗り入れ走った馬鹿がいた、その名は船橋健太と言う40歳の建築作業員だった、子供の頃から地元で育ったはずのバイク男に市民は怒り新党しているのです。

錦帯橋をバイクで走った馬鹿の傷後

バイクで走った橋板のタイヤ痕の数は550枚中322枚で錦帯橋をバイクで走った馬鹿は文化財保護法違反で逮捕されている、322枚を交換すると約1億6000万円となるという岩国市の担当者によると、文化庁と今後の対応を確認中でバイクで走った馬鹿の船橋健太に対して損害賠償を求める可能性もあると言われているネット民は「バイクで走った馬鹿に弁償させろ」の声が多く挙がっている。

バイクで傷付いた錦帯橋

錦帯橋は山口県岩国市の誇りで春は桜、夏は鵜飼いや花火の夜景、秋は紅葉、冬は雪化粧と、「錦」の名の通り、四季折々の色彩豊かな景観が楽しめる木造五連のアーチの架け橋です、日本三名橋の1つで組み木の技法を使って300年以上前からほぼ姿を変えていない木造アーチ橋となっている架け橋なのです。

地元は自転車も入らない、増してバイクで走った馬鹿が居たとは驚くばかりです、地元では子供達も教えなくとも歩いて渡る架け橋なのです、322枚の橋板を傷付いた馬鹿はなぜバイクで走ったのか前代未聞の行動に日本全国が驚いているのです。

バイクで走った馬鹿錦帯橋の歴史

1673年に岩国藩主吉川広嘉によって創建され反り橋の構造は精巧かつ独創的で、現代の橋梁工学からみても非のうちどころがない美し橋と言われています、2005年 (平成17年) 9月6日 に襲来した台風14号がもたらした未曾有の豪雨により、架け替え後、わずか1年半しか経っていない新しい錦帯橋の橋杭が2本流失しました。

しかしその後、2006年 (平成18年) 2月には修復工事が完了し、元の美しい姿を取り戻したのです地元は大喜びした架け橋なのですその橋を地元の馬鹿がバイクで走ったのです、信じられない40歳のバイク男にどのような刑が与えられるのでしょうか。

おわりに

「前代未聞」錦帯橋をバイクで走った馬鹿は船橋健太と言う40歳の建築作業員だった、岩国市の誇美し架け橋は春は桜、夏は鵜飼、冬の雪化粧を見せる大変美し橋なのです、322枚の橋板を取替えると1憶6000万円かかりますバイク男に支払い能力が有るのでしょうか。




-ニュース, 国内

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.