コロナ解雇が最悪のペース!1ヶ月で1万人増加 !

新型コロナウイルスで厚生労働省が30日発表した、コロナ解雇は1ヶ月で1万人を超えた、新型コロナウイルスの陽性患者の増加する日本全土に置いてコロナ解雇は更に増加傾向に有るに違いない。

コロナ解雇が増加、派遣社員が

泣いている。

派遣社員はコロナ解雇で苦しんでいる

コロナ解雇はやはり派遣社員から始まった要だ、だが正社員も気がかりではない要です、コロナウイルスで収益が大幅に下回った企業は容赦なくコロナ解雇をしている、誰が何時コロナ解雇を受けるか解らない要だ、それにしてもわずか1ヶ月で1万人のコロナ解雇とは驚くばかりです。

企業は派遣社員には容赦なく解雇を告げる要だ、このままでは行き場の無いコロナ解雇者が溢れるに違いない、コロナウイルス発生は多くの解雇者をだした、この解雇された人々を見捨ててはいけない、日本政府は弱い派遣社員を如何に生きてもらうか考えなければならない、彼らに罪はないのだ、今こそ政府はコロナ解雇を救済する事だ、コロナ解雇者に厚い手当てをする事が大事なのだ。

企業はコロナ解雇より知恵を出せ

コロナウイルス発生で多くの企業が「へこんでいる」が正反対にコロナウイルスで大きな利益を出している企業が有る、企業人の知恵が大きい利益を出しているのです、例えば有名な高級料理店がデリバリーで利益を出している、小さな下着製造会社が優れたマスクを生産し利益を出しているのだ。

驚いたのは老舗の着物店が素晴らしいマスクを造り注目されている、まだまだ有るのだコロナ解雇をする前に知恵を出せ、必ず生き延びる道は有るはずだ、それが経営者に与えられた使命なのだ。

コロナ危機は経済活動とコロナ対策の両輪で戦う

経済活動は止められない、尚コロナ対策も大事な使命だ、この両輪を回すのは行政機関の知恵が大事なのだ、国会議員と官僚及び地方自治体の連携を完全なものにしなければならない、今の国難ウイル対策の危機で国会が閉鎖されている、実に日本政府は危機感がない、刻々と変化するコロナ対策に安倍政権は国会を開くべきである。

おわりに

コロナ解雇が増加している、派遣社員が泣いている、今こそ経営者や国は彼らを救済しなければならない誰も悪いないのだ、経営者は知恵、国会議員は政策を出せ、コロナ対策は毎日変化している、先ずは国難の今に国会を開くべきだと思う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です