相撲

照ノ富士が序二段からはい上がってきた!観えた2度目の優勝!

投稿日:

元大関の照ノ富士が序二段からはい上がり新大関の朝之山を寄り切りで勝った、単独トップに立ち優勝が見えたり、14日照ノ富士が正代に勝ち朝之山が照強に破れると2015年夏場所依頼2度目の優勝が決まる。

13日照ノ富士対朝之山戦は両国国技館が揺れた

大相撲13日照ノ富士対朝之山戦は両国国技館が揺れた、怪我で序二段からはい上がった照ノ富士が大関朝之山を寄り切った「俺が大関」と言わんばかりの相撲だった、左のまわしをガッチリ握ると押す押す最後は右の腕を挙げ大関朝之山を押し出した。

単独トップに立ち2度目の優勝が見えてきた、このような事が起きるのか両膝負傷や内臓疾患などで関取の座すら失った元大関の照ノ富士は一時は引退も考えた力士だ、照ノ富士はおわった、誰もが思っていたが師匠・伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)の説得で思い直して再出発。不屈の魂で幕内土俵に戻ってきた、諦めていたらゲームセットだったが照ノ富士は復活した、なにより驚いたのは両国国技館が大揺れ照ノ富士のカンバックを讃えたのです。

14日照ノ富士対正代、朝之山対照強

14日の対戦が凄い、正代は同部屋の照ノ富士が優勝争いの先頭に立つ中、照ノ富士の援護をする、ライバルとなる新大関朝之山との一番に「しっかり力を出して自分の相撲を取る」と言い切った、正代が朝之山を破る可能性は十分有る、更に照ノ富士の今の力から見ると正代には勝てる、そうなれば今日にも照ノ富士の優勝が見れる、又今日も両国国技館が揺れるのか朝之山のフアンも多くいるが日本人フアンは照ノ富士の要な落ちた力士を応援する要です、どうやら照ノ富士の優勝が見えそうです。

横砂不在、負けると休む白鳳

照ノ富士が怪我でカンバックしたが白鳳は途中で休場、必ず負けると休む白鳳は優勝回数は多いいが価値がない、過去の横砂は少しの怪我では休まず土俵を努めた、横砂の使命を胸に戦った、その結果とし早期に引退した横砂は多くいる、負けると休む「怪我をした」白鳳は横砂の自覚が欠如しているとしか思えない。

おわりに

今日14日照ノ富士が正代と対戦する、同部屋の力士の照強が援護する、朝之山が照強に負けると照ノ富士が大相撲の歴史史上初のカンバック優勝が決まる、いずれにしても諦めなかった照ノ富士に拍手を送りたいと思います。




-相撲

Copyright© Legendo派遣社員末吉ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.