40度超の暑さコロナ?熱中症?で大慌ての救急車!

16日も朝から東海を中心に日本列島で危険な暑さとなっていています、静岡や浜松市天竜区では、すでに気温が40度になっているいる要です、大慌てしているのは救急車なのです。

熱中症と新型コロナウイルス症状が似てる

熱中症は熱が出る、コロナ患者も熱がでる症状が似ているのです、救急車隊員は休業要請を受けると新型コロナウイルスを疑って行動しなければならない、救急車の隊員はコロナ対策用の防護服を着用し出動している、熱中症と新型コロナウイルスの症状が似ているからです、何処に向かうか迷うそうです、いきなり熱中症の病院に行くのは危険なのです。

病院がクラスターの発生源に成るのを避けなければならないのです、既に多くの病院でクラスターが発生しています、北九州市ではなんと骨折の患者さんがコロナウイルスに感染していたのです、たちまち病院はクラスター化し北九州市の病院は閉鎖されました、まさか骨折の患者さんがコロナウイルスに感染しているとは思えなかったのです、まして熱中症とウイルス患者と見分けるのは救急車の隊員にも解らないのです。

熱中症には絶対かからない事が大事

コロナウイルスは三密と手洗いステイホームが大事な対策ですがそれでもウイルスに感染するのです、熱中症は避けられるのです水分補給をする、エヤコンは運転する高齢者にはエヤコンを嫌う人が多いいと言われています、昔と現代社会の地球環境が大きく変化しているのです、高齢者は昔は暑い夜は「ウチハ」やセンプーキで暑さ対策をしていたのです、だから高齢者はエヤコンを嫌うのです。

昔の地球環境を説明すると解ってもらえるのです、お年寄りの女性が熱中症で倒れていたとニュースが出ました、エヤコンも使用しないで窓も締切倒れたのです一人暮らしの高齢者の女性でした、誰も教えなっか要です、私の父もエヤコンを嫌いました、昔の人はエヤコンは嫌いなのです贅沢品と思っている要です、翌々考え説明をしなければならないのです頑固な高齢者には。

熱中症は水分補給はスポーツドリンク

熱中症にかからない為には水分補給をしなければならないのです、ただの水では駄目と医療関係者が発言していました、塩分も補給しなければならないのです、夜寝る前に高齢者は水分補給はしない習性が有る要です、水分補給をすれば夜にトイレットにいかなければならなくなるのが嫌いなのです。

新型コロナウイルスと熱中症を見分けなければならないのです、熱中症にかからない事が大事なのです、救急車が大慌てにならないようにしなければならないのです。

おわりに

今年は得別な夏です、新型コロナウイルスと熱中症の患者さんで救急車が大慌てで走っています、どこの病院に行くか解らないのです、熱中症の症状がコロナウイルスと似ているのです、だから私達と高齢者は熱中症には絶対にかからない要に注意して生活しなければならないのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です