「最悪」三原じゅん子菅内閣で沖縄・北方担当相起用恥を知りなさい !

三原じゅん子「身を粉にして支える、菅総理誕生のために戦っていきたい」と述べ沖縄・北方担当相のポストを手にしそうだが、三原じゅん子では務まらないポスト、菅政権は適材適所で閣僚人事をするべきである。

三原じゅん子参議院議員が沖縄・北方担当相起用は駄目

菅政権の閣僚人事は総裁選はコロナ対策もそっちのけで、寝返り、おべんちゃら、足の引っ張り合いが繰り広げらている、驚いたのは三原じゅん子が沖縄・北方担当相起用されると噂されている、もし三原じゅん子が沖縄・北方担当相起用に起用された場合ロシアとの領土問題、北方領土をプーチン大統領と交渉できると思いますか、又沖縄問題基地問題を三原じゅん子ができるか大きすぎる疑問です。

次期総理が有望な菅政権は国民に寄り添う政治をしてもらいたい、まさかと思いますが三原じゅん子が沖縄・北方担当相起用されれば北方領土問題は絶望的と言わざるを得ない、安倍総理をしてもプーチン大統領は我が国の領土北方領土の変換はされなかったのです、三原じゅん子に北方領土を解決策が有るだろうか、一番難しいと問題と思われる沖縄・北方担当相を三原じゅん子が起用されるのは反対です。

菅政権は適材適所で派閥人事は辞める事だ

三原じゅん子が沖縄・北方担当相起用は適材適所の人事とは絶対に思えない、先ず三原じゅん子に大臣の資質があるか衆議院議員2回目の三原じゅん子に大臣は早すぎる、しかも沖縄・北方担当相起用は問題だ、このような人事は菅義偉総理の足を引っ張るのは間違いない、三原じゅん子は北方領土問題を勉強しているのでしょうか。

過去に置いていろいろな大臣が沖縄・北方担当相を担当したが成果はいまいち出せないのです、問題が沖縄・北方担当相なのです、したたかなプーチン大統領やアメリカ大統領と渡り会える人材を沖縄・北方担当に起用するべきと思います。

三原じゅん子は衆議院議員選挙に勝てるのか?

三原じゅん子は早々に菅義偉政権に最大の言葉「身を粉にして支える、菅総理誕生のために戦っていきたい」と述べているが総理のポストは菅義偉で決まるのです、別に三原じゅん子が「身を粉にして支える、菅総理誕生のために戦っていきたい」と述べる必要は有りませ、ただ大臣のポストと次の選挙に勝たいだけの要だ、身を粉に働くのは国民の為ではないでしょうか、至って言葉使いが悪い三原じゅん子に恥を知りなさいと言いたい。

おわりに

ホスト安倍レースは菅義偉で決まる、三原じゅん子が沖縄・北方担当相起用の噂だが無理です、ロシアの大統領プーチンやアメリカの政権と渡り会えるとは思えない、早く言えば国益にならない人事です、菅政権は派閥人事は辞める又適材適所の人事を期待します、そして我が国の領土を取り返す事を期待します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です