美川憲一またまた金銭問題裁判1憶6千万貸した金?貰った金?

美川憲一が金銭問題でまたも裁判が始まる、かって信頼関係にあったはずの美川と元後援会会長との金銭問題だが驚いたのは金銭が1憶6千万円、美川憲一は当初「お金を借りたことも、受け取ったこともない」と真っ向から反論していたが一転「貰った金」と修正している。

美川憲一の1憶6千万「貰った金か、借りた金」かの裁判が始まる

美川憲一が20年前公演会の会長から1憶6千万を受けていた、当初の美川憲一は「お金を借りたことも、受け取ったこともない」と真っ向から否定していたが「貰ったお金」と修正した、突然「貰った金」と修正した美川憲一になぜか信頼性が欠ける、1憶6千万ものお金を誰がくれる、借りるのも難しいと思が、美川憲一の金銭感覚は一般社会とは大きくずれている要です、テレビでは「お黙り」などと正義感を匂わせる美川憲一だが、またも金銭的問題の裁判が始まる、如何に観ても美川憲一が不利な裁判ではないでしょうか、当初は「お金を借りたことも、受け取ったこともない」と答弁していたが「貰ったお金」と修正した、凄いメンタルの強い美川憲一「貰った金か、借りた金」かの裁判を観てみたいものです。

美川憲一は金銭問題の裁判が多すぎる

過去には所属事務との裁判が有ったが、契約問題だが裁判所は美川憲一の言い分を聞いた、2憶円を支払う義務から解放されたが芸能人は金銭的な問題の裁判は印象が良くない、しかも派手な生き方をする美川憲一だが、今回は裁判所は美川憲一の「貰ったお金」を受け入れるが疑問です、裁判が美川憲一の主張を認めなければ美川憲一は多額の資金1憶6千万を返済しなければならないのです。

1憶6千万を貰ったお金と言う美川憲一凄い

見たことも聞いた事もない1憶6千万を誰がくれる、裁判が判断するが美川憲一は「貰ったお金」と言い張るには贈与税を支払つたのかがすべてだ、贈与税を支払う義務が有る、それがなによりの証拠ではないでしょうか、それにしても1憶6千万を「貰ったお金」と言い張る美川憲一は凄い。

おわりに

美川憲一の金銭問題の裁判が始まる要です、1憶6千万を貰ったと言い張る美川憲一と、貸したお金と言い張る元後援会の会長、どちらも金銭的な感覚がずれている要です、「だたより高い物はない」この美川憲一の裁判は如何に判決を出すのでしょうか、又民事訴訟に時効はないのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です