福島汚染タンク海上放出風評被害は簡単小泉進次郎環境相のコップ一杯

小泉進次郎環境相のコップ一杯ですべて解決されるのだが福島第一原発の事故で汚染タンクを増設し続けてた、2022年夏ごろに満杯になる増え続ける汚染水は海上放出するのだが延期された要です、福島漁連の風評被害が懸念されているのです解決策は意外と簡単だった、小泉進次郎環境相がコップ一杯がすべてだ。

小泉進次郎環境相のいわき市お詫び訪問

小泉進次郎環境相がいわき市に訪問した際に県漁業協同組合連合会の関係者らと面会した際が最悪だった原田義昭前環境相が、東京電力福島第一原発でたまり続ける処理済みの汚染水について「海洋放出しかない」と発言したことを小泉進次郎環境相はお詫びしたのです、「海上放出しかない」事実をお詫びとは小泉進次郎環境相は秘策が有ったのか解らないが2020年に一杯に成るタンクいわき市県漁連に見せろコップ一杯の汚染水の一気飲みをそうすれば風評被害は解決海上放出はできるのです。

トリチウムはコップ一杯は簡単に飲めるのです

トリチウムは放射線の一種であるB線を出しますが、このB線はとてもエネルギーの低い電子であるため紙一枚で遮ることができるほど弱く、外部から被ばくしても人体への影響はほとんどないのです、だからこそ今小泉進次郎環境相はコップ一杯を飲むべきと思うのです、飲んだ場合でも、特定の臓器に蓄積することはなく、他の放射性物質と比べて速やかに体外に排出されます、そのため内部からの被ばくの影響も、取り込んだ放射能あたりで見れば他の放射性物質よりも小さくなっています。これまでも水道水などを通じてトリチウムは日常的に私たちの体内に取り込まれていますが、通常の生活を送ることで取り込んだトリチウムによる健康影響は確認されていないのです簡単な風評被害を避けるには小泉進次郎環境相のコップ一杯で終る福島汚染タンク問題なのです。

原子力発電所を運転する国はトリチウムを海上放出している

世界の原子力発電を運転する国はすべてトリチウムを海上放出しているのです、なぜ福島は馬鹿みたいに汚染タンクを造り続けたのか政治判断を早く発信し福島第一原子力発電所では、放射性物質を含む汚染水を浄化設備で処理しトリチウムをいち早く海上放出するべきだったのです、更にいち早く小泉進次郎環境相がコップ一杯飲めば解決できる問題だったのです、それがタンクに貯めた為続けたのが駄目だったのです処理水は即海上放出するべきだったのです、世界の一部例えば(韓国)は福島のタンクは汚染水と言い張るのです、小泉進次郎環境相のコップ一杯が遅すぎたのです。

おわりに

福島汚染タンクは海上放出しか方法は無いのです、決まっているのです2020年に一杯に成るのです、汚染タンクと言われていますがトリチウムは、原子力発電所を運転することで発生しますが、自然界でも大気中の窒素や酸素と宇宙線が反応することで生成されています。水分子を構成する水素として存在するものが多いことから、トリチウムは大気中の水蒸気、雨水、海水だけでなく、水道水にも含まれているのですだからこそ環境相大臣小泉進次郎がコップ一杯飲めばおわる問題と思うのですがいかがでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です