「無念」大塚家具久美子社長突然の辞任勝久氏コメンしない

大塚家具は1969年勝久氏(25)埼玉県春日部市にオープンした、 経営方針は高級桐タンスを始め営業は自転車で結婚などをする顧客を訪問した、顧客は会員制のようになったのです、勝久氏は久美子を超愛していたと言う、その久美子を勝久氏は社長に据えた、お家騒動の始まりだった。

勝久氏の誤算久美子を社長に据えた

大塚家具の創業者の勝久氏はお家騒動で「私の誤算は久美子を社長に据えた」と言っていました、久美子を社長に据えた勝久氏は幼い頃の久美子に有った、学校の帰りには何時も勝久氏の会社に立ち寄り家具を眺めていた、勝久氏は長女の久美子を将来の社長と決めていたと言う。

有る日久美子社長が学校の帰りに勝久氏の元に寄った日の事社員の前でスピーチを勝久氏が求めたところ、久美子社長はアドリブで堂々とスピーチをしたと言う、正に才女で有った、久美子社長は日本舞踊などをする社長令嬢と誰もが存在感を関心した、一橋大学を卒業し旧富士銀行に入社国際広報を担当していたが3年目に大塚家具に入社する事に成ったのです、しばらくの勤務のなか勝久氏は長女の久美子を社長に据えたのです。

カジュアル思考株主は久美子を支持

経営方針が古いと自身の掲げるカジュアルで気軽に入れる家具屋(ニトリ)を目指したのです、会長の勝久氏と亀裂が入る大塚家具騒動の始まりでした、勝久氏の経営は絶対的に古いと言い出し(ニトリ)久美子社長の経営方針に反対したのです、しかしながら株主総会で久美子社長に敗北をしたのです。勝久氏は第2ラウンドで久美子社長の管理する「ききょう企画」に社債償還を求め起訴しました、勝利は勝久氏でした、遅延金と合わせ17億を久美子社長は支払う事に成るのです。

勝久氏の反撃開始は「匠大塚」のオープン

久美子社長の大塚家具の近所にです、会見には春日部市長も駆けつけて市を挙げて勝久氏を応援しているのです、何時までも続くのか大塚家具の騒動はと見られていたが久美子が勝久氏のところに4年ぶりに訪れた、開店の挨拶と言われていたが久美子社長は苦しかった要です、大塚家具を成功させる為最終的に試行錯誤したが最終的にヤマダホールディングスとの提携をしたが業績不振で久美子は責任を明確にするとして辞任を申し出たという。

おわりに

大塚家具のお家騒動は終わりました、かぐや姫と言われた久美子社長も頑張りました、カジアル思考を目指した久美子社長を後押しした大手保健企業や外資系ファンドは久美子社長を支持し株価を跳ね上げ売り大儲けしたとか、久美子社長の失敗は父の存在を否定した事が失敗と言われています、やはり大塚家具の経営は父の勝久氏の指示を受けべきだった要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です