日本シリーズ第4戦崖っぷち巨人オーナー「ナベツネ」の夢物語

日本シリーズ巨人軍は3連敗崖っぷち強すぎるソフトバンクもはやこれまで責めて1勝を願うばかりだが1勝するには巨人軍はオーナー「ナベツネ」に頼るしか勝ち目はないソフトバンクのオーナー孫正義にお願いすることだ。

日本シリーズ第1戦巨人軍はエース菅野智之

巨人軍は第1戦を絶対的エース菅野智之でソフトバンクに勝利すると挑戦した、セリーグでは負けないエース菅野智之は連続勝利記録更新し大投手と言われたが、ソフトバンク戦は6回6安打自責点4と最悪の結果でノックアウトされた、結果ソフトバンク5-1で巨人軍は負けた、第2戦は投手総動員で15安打13失点と散々な結果だった、心配しているのは4連敗の巨人軍のオーナー「ナベツネ」だ、如何にしても第4戦は勝てなければならない、京セラドーム大阪に戻らなければ大変な事態に成る、日本シリーズ4連敗は避けなければならない、まともに勝負すれば第4戦で終る日本シリーズだ何しろ投手力も攻撃力も完全に負けている、実力ではソフトバンクには叶わないのだ「ナベツネ」は考えた。

「ナベツネ」ソフトバンク孫正義に説得に動く

崖っぷちの巨人軍にオーナーの「ナベツネ」が動きだした、孫正義とは見知ない相手ではない、密談は交わされた、「第4戦で終るお願い」と「ナベツネ」は孫正義に頭を下げた、ソフトバンクの孫正義も「ナベツネ」には何かと有る間柄だ、どうせ日本シリーズ第5戦は勝てるのだ「解りました」約束は結ばれた、今日は第4戦で終ると思われているがソフトバンクのオーナー孫正義と巨人軍の「ナベツネ」の約束で巨人軍の勝利となるシナリオができたのです。

ソフトバンクの予告先発はベテランの和田投手

崖っぷちの巨人軍に和田投手は3得点を与えるシナリオだ、真っ向勝負をするのです、4番の岡本や3番の坂本更に打てない巨人軍の丸に打たせるのだ是はソフトバンクの選手は知らない、知っているのは和田投手と監督の工藤監督のみの約束なのです、ここで気になるのはソフトバンクの打者が巨人軍の予告先発の畠投手を滅多打ちだ、そこで3得点までと密約を交わされたのです、崖っぷちの巨人軍は如何にしても3得点で押さえなければならないのです。

夢物語のおわり

日本シリーズ第3戦は終わった、正に崖っぷちの巨人軍を救えるのはオーナーの「ナベツネ」だ京セラドーム大阪に戻らなければならない興業面でも大変な事態に成るのです、シナリオはできた京セラドーム大阪で菅野投手を先発させるのです、だが菅野投手が又もノックアウトにならない保証はないのです、だが日本シリーズ4連敗二度は免れるのです「ナベツネ」の願いは叶うのです。以上夢物語です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です