日本シリーズ7回ムーワ交代工藤監督の采配アッパレ

日本シリーズ第3戦ソフトバンクは7回2得点した、ムーワ投手はノーヒットノーラン残り6アウトでノーヒットノーランの記録だったが工藤監督は8回モイネロ投手に交代したノーヒットノーラン達成なら、07年の日本シリーズ第5戦で中日が山井―岩瀬のリレーで日本ハム相手に完全試合を達成しており、史上2度目の快挙だったが「どうしても勝ちたい」とムーワを交代させ勝利の方程式を貫いて勝利した工藤監督の采配はアッパレと言わざるを得ない。

日本シリーズ第3戦ソフトバンクの強さ工藤監督の采配

日本シリーズ第3戦工藤監督は7回までノーヒットノーランのムーワ投手を交代した、フアンは当然の如くムーワ投手のノーヒットノーランを期待したが「どうしても勝ちたかった」と工藤監督はムーワ投手から8回にはモイネロに交代させた、クレモナ投手も工藤監督の期待に答え鋭く速い球でノーヒットノーランをつないだ、9回はクレモナ投手を交代し勝利の方程式を貫いて守護神の森を9回登板させ4-0で勝利日本シリーズに王手をかけたのです、巨人軍の原監督はテレビ越しに涙顔に見えた、第1戦は絶対的エースの菅野投手が打ち込まれた巨人軍は改めてソフトバンクの強さを見た要です、しかも工藤監督の采配は凄かった、ムーワ投手からモイネロ投手最後は守護神と言われる森投手につないだ、完璧な工藤監督の采配はアッパレと言わざるを得ない。

日本シリーズ打てない巨人軍

巨人軍は今回の日本シリーズは全く打てない、特に第3戦は7回までムーワ投手にノーヒットノーランを許した、3番の坂本勇人又4番の岡本和真更に5番の丸佳浩が打てない、工藤監督の采配は巨人軍の主力打者を完全に研究していたのだ、巨人軍は第3戦は完璧にムーワ投手に押さえられた、最後は工藤監督の勝利の方程式に負けた、工藤監督の采配と投手力の差はソフトバンクが圧倒していた、又打線もソフトバンクは凄い2番中村晃、3番柳田悠岐、4番グラシアル、5番栗原陵矢を初め打者陣はどこからでも得点出来るのです、1番の周東が活躍すれば巨人軍は打つ手なしのゲーム展開に成ると思われます。

日本シリーズ第4戦予告先発ソフトバンク和田

日本シリーズ第4戦予告登板は工藤監督の采配は和田と決めた、ベテランの和田左投手の和田を巨人軍の打線は打ち砕くか、最近絶好調の和田投手、ソフトバンク第4戦で日本シリーズを勝ち取ると思えてならない、なぜなら巨人軍の予告先発は畠投手が先発出場する、畠山投手は2020年は4勝4負で防御率は2,88の投手、ソフトバンクの打撃陣を押さえるのは無理の要です。

おわりに

ソフトバンクの強さを見せつけた、7回4-0のノーヒットノーランのムーワ投手の交代です、「どうしても勝ちたかった」工藤監督の言葉だ、後6人でムーワ投手がノーヒットノーランを達成するかもしれないが勝負にこだわる工藤監督の采配、第4戦は打てない巨人軍にソフトバンクのベテラン和田投手が登板する、王手をかけた第4戦だが、またまた巨人軍の打線が工藤監督の采配で沈黙しそうです、過去のソフトバンクは3連勝で王手をかけたのは59、17、19年に次いで2年連続4度目。過去3度はいずれも日本一になっておりV確率は100%となっている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です