2020福岡国際マラソン優勝は成長した神野太一と予想する

2020年12月6日第74回福岡国際マラソン選手権大会が12時10分平和台陸上競技場スタートする、国内招待選手の服部勇馬が注目されるが神野太一(一般参加)の走りに期待している。

一般参加選手の神野太一の成長に期待している

神野大地は青山学院大学卒業後の2年1か月間所属していたコニカミノルタを退社しプロランナーへの転身した。同年7月には約2か月半の滞在予定でケニア合宿へ出発した2018年12月、2年連続2回目となる第72回福岡国際マラソンに出場した経験が有る72回福岡国際マラソンでは25Km手前までは服部勇馬らトップ集団に加わったが、その後ペースダウンし福岡国際マラソンでは結果は出せなかった、今は神野太一はチームで神野太一を支えている、大きく成長したと言われている、一般参加で福岡国際マラソンに出場するが神野太一の成長で優勝を期待します。

国内招待選手NO1服部勇馬に神野太一が食らい付く

神野太一が1位集団に食らい付くのは確実だ、神野太一チームが支えて練習をしてきたのです、35㎞からの追い込み練習も幾度も走っている、トヨタ自動車所属の服部勇馬が優勝候補NO1と言われるがマラソンは35㎞からが勝負と言われている、体力も青山学院大学時代とは大きく成長したのですメンタルも強くなった2020福岡国際マラソンの優勝も夢ではないのです。

服部勇馬を初め国内招待選手に食らい付く神野太一

国内招待選手は藤本 拓(トヨタ自動車)髙久 龍(ヤクルト)川内 優輝(あいおいニッセイ同和損保)岡本 直己(中国電力)作田 直也(JR東日本)福田 穣(福岡陸協)大塚 祥平(九電工)以上の7名が国内招待選手として出場します、彼らに神野太一がトップ集団に入り35㎞から勝負すると思われる神野太一チームが支えてきた簡単に負ける訳にはいけないチームの為にも神野太一は走ると思われる。

おわりに

今年も師走の福岡をマラソンランナーが走る一般参加の神野太一に注意しています、国内招待選手8名に成長した神野太一が挑戦し走るのです、福岡国際マラソンが今年も熱い大会です、師走の福岡国際マラソンを勝利する選手は大きく成長した神野太一と予想しますがマラソンフアンには見逃さない福岡国際マラソン選手権大会ではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です