秋篠宮殿下の苦悩開かれた皇室と小室家の対応眞子さまの手記

開かれた皇室の秋篠宮殿下の長女眞子さまの手記「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と手記を全国民に発信された、秋篠宮殿下の苦悩の始まりだった、眞子さまは小室さんとの結婚は法律上の権利だから秋篠宮殿下の反対意見は聞きませんと言われたのです。

秋篠宮殿下の苦悩は眞子さまの手記から始まった

秋篠宮殿下は2018年の誕生日の会見で「多くの人が眞子さまの結婚多くの国民が納得し喜んでくれる状況になるために、小室家に相応の対応をするべき」仮に反対意見があっても、相応の対応をしていることを国民に見える形で示して、少しでも多くの人に納得してもらえれば、婚約を認めてもいいと助け船を出されていた、秋篠宮殿下の長女眞子さまは父親の苦悩を理解していなかった、それが眞子さまの手記に現れた「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と言う手記はもはや秋篠宮殿下も反対できない状況を構築した手記と思えた小室家の「相応の対応」「何らかの発表」は完全に小室家は無視したのです。

秋篠宮殿下は長女眞子さまの結婚を本心から認めたのか?

秋篠宮殿下の苦悩が観える記者会見だった、「私は二人の結婚を認めます」と会見されたのです、憲法では皇室と言えども眞子さまと小室さんの結婚は反対できないのです、正に開かれた皇室の秋篠宮殿下の苦悩の会見だった、なぜなら小室家も小室さんも秋篠宮殿下の期待「相応の対応」「何らかの発表」もなされなかったのです、要するに秋篠宮殿下の期待を完全に無視したのです、是は又も国民の不信感を募らせたのです。

秋篠宮殿下の苦悩は結婚と婚約の違いに現れた

秋篠宮殿下は今日長女眞子さまの結婚を認められました、しかし婚約は認められていません是は何を意味するのか、結婚は眞子さまの憲法で認められた権利なのです、婚約は皇室に権利が有るのです、「納菜の儀」は行われないのかもしれないのです、秋篠宮殿下の2年前の宿題「相応の対応」「何らかの発表」はなにもなされなかったのです、秋篠宮殿下は小室さん及び小室家のなんだかのコメントを求めていられると思われます、小室さんは眞子さまの為にも何がしのコメントをだしてもらいたいものです。

結婚で皇族の身分を離れる眞子さま

皇室を離れる眞子さまには1割減の1億3725万円が支払われるとみられていましたが、生前退位が実現したことで、次期天皇の娘または姉となることから、満額支給の可能性も取りざたされています、更に小室さんが将来的に「天皇の義兄」という社会的な地位を手に入れることです、ゆくゆくは眞子さまの弟・悠仁さまが新天皇となる時代がやって来る「眞子さまは結婚で皇籍を離脱するので、小室家が皇室入りするというわけではありませんが、それでも「一般人と同じ」というわけにはいかない要です、仕事面・収入面である程度の恩恵は一生得られるのは違いありません今回の開かれた皇室の眞子さま結婚問題は眞子さまの完全勝利に終わった要です。

おわりに

秋篠宮殿下は長女眞子さまと小室さんの結婚には一度も反対はされませんでした、強いて言えば小室家の金銭問題の解決を求められました、2018年の会見で結婚のヒントを出されました、小室家の借金問題の「相応の対応」「何らかの発表」と言われたのです、「国民の祝福がなければならない」開かれた皇室と言えども秋篠宮殿下は長女眞子さまの結婚は国民の祝福を期待されました、眞子さまは父秋篠宮殿下に今のところ何も国民の期待や祝福される行動はなされていません、突然の手記は小室さんとの結婚なしでは生きられないと捉えられたのです、この手記に驚いた秋篠宮殿下は諦められたのか本日小室さんとの結婚を許可されたのです、問題は「納菜の儀」行われるのか国民の祝福を受けられるのか小室さんにボールは投げられた要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です