コロナウイルス世界初の患者は武漢市場のウェイ・グイシエン

コロナウイルスの患者は武漢の華南海鮮卸売市場で働く海産物販売業者のウェイ・グイシエンさん(57)が最初なのです、昨年の12月10日の事です、風邪をひいたと思い彼女は徒歩で地元の武漢の診療所に向かいその後仕事に戻ったと言われてい、8日後ウェイさんは意識がほとんどない状態で病院のベッドに横たわっていた、治療に関係したのは中国湖北省武漢市の女性医師でした、彼女はウェイ・グイシエンの容態に異変を感じたのですが中国当局は口封じをしたのです。

ウェイ・グイシエンと中国の医師の関係

ウェイ・グイシエンの治療に関わった中国湖北省武漢市の女性医師が、当局によって口止めされていたと報じたのが中国の雑誌「人物」だったのです、医師への取材記事を掲載したが、10日の発売後間もなく中国当局が取材記事を回収したのです。更に新型コロナウイルスに警鐘を鳴らした医師がいました、武漢市中心病院急診科の艾芬医師です、彼は昨年12月30日、「重症急性呼吸器症候群(SARS)に似たウイルス」の診断例に気付いたのです、艾芬医師は中国版LINE「微信」のグループチャットを通じて同僚の医師らと情報共有して診断リポートの画像を送付し、警戒を促したが中国当局は「デマを流した」として警察に処分された後に院内感染して2月7日に亡くなったのです、ウェイ・グイシエンの患者情報も院内感染で死亡した艾芬医師の情報を中国当局や武漢市、病院当局から「パニックを引き起こすな」「病気については何も開示するな」再三口止めされたという、その後中国習近平は新型コロナウイルスは中国とは限らないと言い出したのです。

中国武漢初コロナウイルスを批判するアメリカ

アメリカのメデアは感染を広めた中国を批判をするが中国の習近平は言い出したのです、新型コロナウイルス拡散の世界に「病原がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければいけない」と訴える論文を16日発行の共産党理論誌「求是」に寄稿したのです、すべての情報を知っている中国習近平が病原がどこから来て、どこに向かったのか明らかにしなければいけといいだしたのです、なぜならばウェイ・グイシエンは行方不明又警鐘を鳴らした医師艾芬は死亡しているのです、中国当局は完全に新型コロナウイルスの情報を消し去りいち早く武漢を新型コロナウイルスら解放したのです、その日は安倍政権が緊急事態宣言をだした日と同じ日でした、武漢で発生し世界各地に向かった事は明らかなのです、中国の新型コロナウイルスの患者は80824人死亡者3189人又イタリアは17660の患者と1266の死亡者がいるのです、この数字を見れば発生源は中国武漢他ないのです。アメリカトランプは新型ウイルスは武漢市で最初に発生したが、中国側は発生源の特定を避けていると言い出したのです、更に新型コロナウイルスをめぐり、中国湖北省武漢市の研究所で行われていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性を指摘していました、「研究所が新型ウイルスの発生源」と指摘したりする米メディアの報道が相次いでいるのです、中国は新型コロナウイルスが世界に拡散するとコウモリのコロナウイルス研究を即解体撤去したのです。

新型ウイルスは武漢市で最初に発生したに違いない

新型コロナウイルスの発生源はヨーロッパ説が最近報道されていますがコロナウイルスの患者は武漢のウェイ・グイシエンさん以外には居ません、中国武漢研究所から市場に漏れたのです、中国側は発生源の特定を避けています、FOXテレビ(電子版)は15日、複数の関係筋の話として、新型コロナウイルスの起源は武漢市にある研究所だったと報じたのです、生物兵器として開発していたのではなく、中国のウイルス研究が米国と同等以上だと示すための取り組みだったというが私は新型コロナウイルスは中国当局の人工的ウイルスと思っています、開発時に失敗したと推測しています、なぜならばウイルス開発は先ずはウイルス終焉のワクチンが開発が重要なのです、関係筋は、ウイルスがコウモリから所員に感染し、それから武漢に広がったとの見方を示したがトランプ大統領は15日の記者会見でこの報道について聞かれ、「それについては話したくない。この恐ろしい状況の徹底的な調査をしている」と述べるにとどめているのです確認を避けたのです、ワシントン・ポスト紙(同)も14日、米当局者が2018年1月に武漢のウイルス研究所を訪問した後、同研究所がコウモリのコロナウイルスに関する危険性の高い研究を行い、安全性の確保が十分でないと指摘する公電を送っていたと報じたのです、この公電はこのウイルスが人間に感染し、重症急性呼吸器症候群(SARS)のような世界的流行を引き起こす危険性を警告していたという一方、ニューヨーク・タイムズ紙は11日、トランプ政権内に「研究所発生源説」を唱える高官がいるが、米情報機関はその証拠を得ていないと指摘しているが私は新型コロナウイルスは中国のウイルス兵器の失敗したと見ています。

中国習近平とテドロス・アダノム世界保健機関の関係

世界保健機関(WHO)テドロス・アダノムは(エチオピア)は中国武漢の新型コロナウイルスが拡散が収まると即断即決パンデミック(世界的流行)を発令したのです、又世界保健機関のテドロス・アダノムは中国のコロナウイルス発生に真っ先に中国に行き中国習近平と会談しています。内容は明らかにしていないのです、テドロス・アダノム世界保健機関は中国のウイルス患者が落ち着くと即断即決パンデミック(世界的流行)を発令をだしたのが不思議なのです、本来ならば中国の武漢の新型コロナウイルスの患者が出た時点でパンデミック(世界的流行)を出すのが本来の姿なのです。中国の武漢にはパンデミック(世界的流行)を出さないのが世界的に新型コロナウイルスの患者が世界に拡散したのです更に今中国は「世界は中国に感謝するべきだ」と言い出したのです米国や日本、ヨーロッパなどの対策が徹底していない「中国の制度の優位性」を盛んに強調しているのです。しかも新型コロナウイルスは発生源は中国ではないと言い出したのです、エチオピアは中国からの援助を受けている中国なしでは成り立たないエチオピアは中国をかばい続けているのです、証拠隠滅ウェイ・グイシエンは行方不明、中国医師艾芬は死亡新型コロナウイルスはどのような処分に成るかサッパリ解らないのです、武漢の新型コロナウイルス対策が完了した今頃にテドロス・アダノム世界保健機関は中国の武漢を視察団を送る要ですが遅いのです、証拠隠滅は終わったのです。

まとめ

中国武漢の海産物販売業者のウェイ・グイシエンさん(57)が最初に新型コロナウイルスの患者は違いないのです、中国当局は全ての証拠隠滅をした要ですが米国の大統領トランプが言い出した、記者の質問に「それについては話したくない。この恐ろしい状況の徹底的な調査をしている」とコメントしたのです、米国は何を握られているのか中国習近平が驚く証拠が有れば面白く成るがウェイ・グイシエンさん(57)米国に入国している可能性は有るのでしょうか、又アメリカ大統領はトランプからジョー・バイデンに変わります、次期アメリカ大統領は如何なる制裁を中国に与えるのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です