マラドーナさんの神の手ゴールとは1986年メキシコW杯

1986年6月22日メキシコW杯アルゼンチンvsイングランド戦でマラドーナさんの神の手は生まれました、後半戦6分ペナルティエリアに走りこんだマラドーナと浮き玉を処理しようとした相手GKと交錯したが、マラドーナは空中のボールを素早く左手ではたき、ボールはそのままゴールインしたのです、正にサッカーではハンドだが審判の死角を見抜いたマラドーナのゴールは神の手と永遠に伝わったのです。

マラドーナさんのアルゼンチンチームは史上最弱と評価

マラドーナさんは3年ぶりにカルロス・ビラルド監督にアルゼンチ代表復帰キャプテンに指名されたのです、マラドーナさんの個人技を活かしすチーム造りを監督は考えた要です、アルゼンチンチームは1986 メキシコW杯が始まると一転して華々しい活躍を見せたのです、マラドーナの個人技を活かしてグループリーグ初戦韓国戦ではチームの3ゴールすべてをマラドーナのアシスト、イタリア戦ではボレーで同点ゴールを決め、ブルガリア戦でも個人技を活かしたマラドーナは1アシストを記録し正にマラドーナのW杯大会と言われたのです。

マラドーナさんの「神の手はイングランド」戦

マラドーナさんの「神の手」が飛び出したのは準々決勝の対イングランド戦でした、後半の6分ペナルティエリア(ゴールエリア)内に走り込んだマラドーナさんにゴール前にボールが上がったのです、イングランドのゴールキパーと交錯したが浮いたサッカーボールをマラドーナさんは何とか飛び上がり空中でボールを叩き付けたのです、このゴールが後々「神の手」ゴールと言われたのです、審判も解らない早業の「神の手」にイングランド選手は猛抗議しましたが審判は最近の要にビデオ判定がない時代ですマラドーナさんのゴールを認めたのです、マラドーナは審判の死角を見る技術が有ったのです。

マラドーナさん死去

11月25日マラドーナさんは心不全のため、ブエノスアイレス郊外の自宅で死去されました60歳でしたアルゼンチの国民はマラドーナの「神の手」ゴールを忘れられない要です、マラドーナさんの死去は国を挙げての葬儀となり3日間喪に伏せたのです、更にマラドーナさんの「神の手」は「5人抜き」と共にアルゼンチ紙幣千ペソに印刷の法案提出されているのです、マラドーナさんの「神の手」は永遠にアルゼンチの国民に記憶されているのです

マラドーナさんの神の手ゴールの動画

おわりに

マラドーナさんが死去されました60歳でした、1986年の「神の手」ゴールから約34年も時間は流れていましたがアルゼンチの国民は忘れていなかったのです、マラドーナさんの「神の手」ゴールを、しかもメキシコW杯は全世界に伝わったのです、メキシコW杯はマラドーナさんのW杯と言われたのです、正に記憶に残る「神の手」ゴールでした、マラドーナさんのご冥福をお祈りいたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です