政権の犬田崎史郎「話の内容は全部オフレコ」・・・

田崎史郎はやはり政権の犬だった、自由民主党の幹部と会食する政権の都合の良い事はマスメディアで喋る、政権の不快なところは「オフレコ」正に自分自身の為のジャーナリストだった、田崎史郎は信じられないコメンテーターだ。

田崎史郎のテレビ出演の内容は全て政権保護

田崎史郎は「羽鳥慎一モーニングショー」や「ひるおび」などに出演している、しかし取材した内容の自由民主党の幹部の不利な内容は喋らない、有利な内容は喋る、ジャーナリストとして如何なものか。

テレビ視聴者は真実を知りたいのですが政権の幹部から「おこずかい」を貰い又食事を与えられる正に政権の犬と言われるのは仕方ない、だからテレビ離れが加速しているのです、コメンテーターは真実を報道しなければ国民に真実は伝わらない。

「羽鳥慎一モーニングショー」での田崎史郎

田崎史郎は16日都内のホテルで財界の関係者と会食し、その後、都内のフランス料理店で政治関係者と会食したことを伝えたが「話の内容は全部オフレコです、君らと同じ取材した話ベラベラしないでしょ」と自らの明かした、凄いジャーナリストだ又凄いコメンテーターだ、こずかいを貰い政権をかばう田崎史郎は決して真実は語らない、取材ができる田崎史郎はテレビ出演は多く有るが真実は語らないと自らの話の内容はオフレコと言ったのです。

田崎史郎はテレビ出演する資格なし

田崎史郎は政権が都合が悪い時はさすがテレビ出演がない、今日も菅政権の会食の批判を「ひるおび」でコメンテーターの皆さんが批判しているが、政権の犬田崎史郎の姿は見えない、自らの出演を断わったのか「ひるおび」がテレビ出演を断わったのか解らないが田崎史郎の姿が無い、菅総理の8人の会食をコメンテーターが当然の如く批判している。

田崎史郎がいれば如何なるコメンをするのか興味があったが田崎史郎はさすがに出演していない、答弁することができない要です、だから「ひるおび」に出演していないのだ、これからも政権の犬を貫いて「おこずかい」をもらわなければならない要です。

テレビのコメンテーターは多くいるが田崎史郎は得別なのか?

テレビ出演のコメンテーターは多くいる、ジャーナリストと言われる人物も居るが政権をかばうばかりのコメンテーター増えると国民には真実は伝わらない、コメンテーターの誇りを捨てた政権の犬田崎史郎はテレビ出演の資格はない。

常に政権をかばうコメンテーターはテレビ出演をしない事を願うばかりです、真実を語らない、真実を隠す、しかもいつまでも同じコメンテーターの田崎史郎は誇りを捨てたのか犬と呼ばれる田崎史郎は終わった。

おわりに

菅総理が8人で会食した、これはまずい国民には5人以下の会食を勧めた政権に批判が凄い、ところが田崎史郎は「オフレコ」取材した話は喋らないと自ら認めたのです、これは何を意味するのか、やはり田崎史郎は完全に政権の犬を認めたのです。

今回ほどあからさまに認めたのは始めての事だ、これからも政権の犬を貫く事でしょうが国民には大きく迷惑だ真実を知らないのです、コメンテーターの端くれにいれば少しばかり真実を語るのがコメンテーターで有りテレビ出演する本来の人間の姿と思うのです。

政権犬と呼ばれる田崎史郎の懐に阿部総理がちょこちょこおこずかいを入れているのは有名な話なのです、さすがに政権犬は安倍総理を養護するのは理解できますネ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です