浅田真央を支えた世界に一人の父は売れっ子のホスト!

浅田真央を経済的に支えたのは売れっ子のホストの父だったのです、母匡子さん(享年48)は自らの夢だったバレーを姉妹に託し足首を鍛える為にフィギュア通いさせたのです、当然浅田真央の父はホストとし浅田姉妹を支えてたのは違いないのです、浅田真央は母匡子さんの指導でが浅田真央(5歳)のフィギュアの出会いだったのです。

母匡子さんと父の出会いは夜の街

匡子さも若くして親を亡くし夜の街で働く人でした、やがて二人は出会い1890年9月25日に後の浅田真央が誕生したのです、父は当時の宝塚のスターの大地真央から命名したのです、父は名古屋市内の通称「女子大小路」と呼ばれる一角でホストとして生計を立てていました、浅田真央の誕生の翌年に3階建ての家を新築しましたが、やがて姉妹の投資に消費者金融から家を担保として1,300万まで借り入れていました、匡子さんは当時が一番苦しい時期と後に話ていました何時破たんしてもおかしくない時期とも話しているそうです。父の家の抵当権が取れたのが07年4月ローンの完済が10年9月に終わりました、そこで父は姿を消されました。

姉との確執は父を悩ませた

匡子さんは浅田真央を姉と離しました、期待を一心に真央に込めたのです、その行為も浅田家は特に元ホストの父は心を痛めた事でしょう、一時期は姉との確執で姉妹は最悪時期が有りましたが母亡き後浅田真央のコーチが姉を試合に呼び姉妹の確執は解消した要ですが確執が当時完全に終わったとは思われていませんでした、しかし浅田真央の引退を期に姉は芸能界で活躍しています、自然と姉妹の確執はなくなった要ですが完全に仲良くなったとは解りませんが父の為にも仲良くなることを期待します。

15年週刊誌が父親の交際女性トラブルを報じる

元ホストの父に交際女性がいるのは珍しくないのですが、当時の浅田真央は知らなかったようで、その存在にもショックを受けたようです、この時期に真央さんが1年の休養を経て現役復帰を決めたころです、再出発に泥を塗られたと怒っていたそうです、怒りのあまり父に渡していた生活費を入れるのをやめた、とも報じられました、しかし、ここまでこじれた父娘の仲が、現在は良好だというのです、真央が30歳になったのを機に発売されたばかりの「浅田真央 100の言葉」でも、父が4ページにわたってインタビューに答えています「本の中でお父さんは、真央さんの幼少時代やお母さんが闘病していたときのこと」そして家族葬のことなど、初めて明かすエピソードを語っています、現役時代は「パパが見に来ると気持ちが緩んじゃう」と言われ父は試合会場に行っていなかったそうですが引退後、真央ちゃんがサンクスツアーを始めてからは「来てね」と言ってくれるそうです浅田真央も大人になった要です。

おわりに

女子スケーター浅田真央は正に日本国民は応援していました、だが浅田家には人知れない試練が有りました、父は売れっ子のホスト、母は夜の街のホステス、姉妹の確執、スケーターのスターの階段を歩んだ浅田真央も引退しましたがスター浅田真央を支えたのは母匡子さんだけではなくホストの父の存在が有ったのです、更に姉との確執も母の真央をスケーターのスターに育だてる階段だったかも知れません、30歳の浅田真央は父を大切にしている要です姉との確執も解消された要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です