「速報」伊勢谷友介被告に懲役1年執行猶予3年判決!

東京都目黒区の自宅で大麻所持、大麻取締法違反の罪に問われていた俳優伊勢谷友介被告に東京地裁は22日懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡した、「誰かを傷つける犯罪ではない」「空いた時間に家で使用した」と言い逮捕された伊勢谷友介被告又、「よく眠ることができた」と言い9月8日に自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持していたのです、「常習的で大麻の量が多いい」と東京地裁(村田千香子裁判官)が判決を言い渡した。



伊勢谷友介の大麻使用再犯はないのか

伊勢谷友介は大麻使用で逮捕時「誰かを傷つける犯罪ではない」と言っていた、言葉から伊勢谷友介被告の大麻使用の再犯が有りそうです、あまりにも大麻使用を簡単に考えている、大麻の所持量が多いい9月8日に自宅で乾燥大麻4袋(計約13・17グラム)を所持したとしている、常習的で有る事から伊勢谷友介の再犯率は高いと思わざるを得ない、日本では大麻は薬物で有り覚醒剤と同じく罪は大きい、俳優でも有る伊勢谷友介に大麻を販売する売人が接近するのは違いない、伊勢谷友介は執行猶予の身で有る誘惑に負けない保証は皆無なのです、一度薬物使用をした人の再犯率は高いのです。

伊勢谷友介の大麻使用歴

俳優伊勢谷友介は大麻使用歴は26~27歳頃からの使用している、約20年近く使用していた要です、又伊勢谷友介は大麻を入手先を頑なに口を開こうとはしなかった、これは何を意味するのか、薬物使用犯罪者は多くは入手先を閉ざす、再び使用する事態に入手先を喋ると大麻を手にできないのです、それが怖く頑なに喋らないのです、伊勢谷友介は大麻使用歴が永いとても簡単に辞められと思う。

伊勢谷友介は医療の治療を受けるのか

薬物使用の再犯率は高い、薬物使用の永い伊勢谷友介は医療の治療を受けなければ必ず大麻の誘惑に負ける、大麻や覚醒剤の怖さなのです、違法薬物の売人は有名人は上客なのです、売人が今日本全土に拡散しているのです、約13・17グラムの大麻を所持していた伊勢谷友介は売人には最高の上客なのです、大麻を辞めるには医療の治療を受けなければ必ず再犯する、次は実刑判決が待っている。

おわりに

最近では大麻は簡単に入手できると言われています、又覚醒剤も簡単に売人がさばいている、上客は有名人や公務員、有名企業の社員が薬物の誘惑に負けている、彼らは口が硬い、金払いがよい、日本全土に売人が大麻を売りさばいている、一度でも客を捕まると売人は離さない、伊勢谷友介はいち早く医療の治療を受けるべきだ、心が分かっていても脳には大麻の使用がインプットされているのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です