阿川幸子の冠番組「サワコの朝」パナソニックCM降板で終了 !

阿川佐和子10も続いた長寿番組「サワコの朝」コロナの影響で9年ぶりの赤字計上のパナソニックはCMを見直しを決め、阿川佐和子の冠番組2021年3月で終了するのです、阿川佐和子さんの意向は関係なく「サワコの朝」は残念ながら終了します「サワコの朝」フアンにお知らせします。

「サワコの朝」毎週土曜日朝に放送のトーク番組

毎回「サワコの朝」は各界で活躍する豪華ゲストと1対1で対談するトーク番組で阿川佐和子の聞く力を遺憾なく発揮する阿川佐和子の冠番組でした、2012年には「ギャラクシー賞テレビ部門4月度月間賞」を受賞しました番組の質の高さは、業界内でも認められていたのですと(芸能記者)視聴者も男女問わず阿川佐和子のフアンは楽しみにしていた阿川佐和子の冠番組でした、その阿川佐和子の「サワコの朝」が来年3月で終了します、阿川佐和子の意向は関係なく番組は終了します、阿川佐和子も「サワコの朝」のフアンも残念だが仕方ないのです、パナソニックの業績不振で終わるのです。

「サワコの朝」のスポンサーはパナソニック1社

阿川佐和子の「サワコの朝」は人気番組だがスポンサー企業はパナソニックの1社のみでした、パナソニックはコロナで企業収益が9年ぶりに赤字に転落し事業の見直しを余儀なくされ「サワコの朝」終了を決断したのです、企業は如何にしても収益の赤字がでれば番組などを切り捨てるのです、パナソニックには多くの株主がいるのです、阿川佐和子の「サワコの朝」も言い換えればコロナの被害者と言えるでしょう、スポンサー企業が1のリスクは阿川佐和子の「サワコの朝」に及ぼした要です。

「サワコの朝」は元社長の肝いりで始まる

阿川佐和子の「サワコの朝」は元社長の肝いりで始まった番組でしたが現在の社長の津賀一宏氏に代わっています、現社長は広告戦略を一新する方針で当面は広告を「スーパーブランドアドバイザー」の綾瀬さんが出演するCMに一本化するようです、「そう見ると阿川佐和子の「サワコの朝」の番組終了は遅かったくらいです」(経済ジャーナリストの松崎隆司氏)は言っています。

阿川佐和子本人は納得しているのかね

記者は阿川の自宅兼事務所を訪ねたと言われています、事務所のお手伝いと名乗る女性が「そのことはTBSに聞いていただけますか」とピシャりこれは何を意味するのか、阿川佐和子さんは面白くないと言うことなのでしょうね、2017年に63歳にしてついに入籍し、公私ともに順風満帆の筈だった阿川佐和子に「サワコの朝」が終るのは複雑で面白い筈はない要です、新社長の決めた「スーパーブランドアドバイザー」の綾瀬さんの契約金は3憶円、阿川佐和子は元社長が居れば局面は代わっていたかも知れません、その意味でも阿川佐和子は完全に納得はしていないのではないでしょうか。

おわりに

阿川佐和子の「サワコの朝」トーク番組が2021年3月でおわります、2012年には「ギャラクシー賞テレビ部門4月度月間賞」を受賞した質の高い番組は誰もが認める質の高い番組でした、スポンサーはパナソニック1社、そのパナソニックが9年ぶりに赤字に転落し現社長は広告戦略を一新「スーパーブランドアドバイザー」の綾瀬さんが出演するCMに一本化するのです、阿川佐和子が面白い筈はありません、コロナは「サワコの朝」にも影響を与えました、土曜日の朝のトーク番組10年も続いたが終わります、「サワコの朝」は佐和子の夜に成要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です