「話題」占い師占い師星ひとみが2021正月元旦を占う

今話題の占い師の星ひとみが正月の元旦の行動をテレビ出演で占った、まさかの占いは元旦の掃除NG、包丁使用もNG、初詣で早朝1番、さい銭115円と占った。

星ひとみ占い元旦の掃除は駄目

元旦の掃除は駄目な理由は神様が来る、そこで掃除をしてはいけない理由としては掃除は「払うと言う意味」ようするに神を払うとは正月元旦から縁起が悪いと言う事に成ると言う、確かに掃除は払う必要が有る、星ひとみの元旦の掃除は駄目は確かに理屈にかなっている、毎年掃除をしていた方は今年の正月元旦の掃除は辞めましょう、2021年は何か良いことが有るかも知れません。

星ひとみが元旦の包丁は駄目と占った

皆さん正月元旦に包丁を使いますが星ひとみの占いは包丁は切る、要する「切る」は縁を切るに繋がって縁起が悪いと言う事と言う、包丁は元旦に使用しないで大晦日か正月元旦を避けて2日に使用する、そうすれば2021年は何かと新しい縁が芽生えるかも知れません、人間は人では生きていけません縁は大事です、縁を切っては駄目ですね。

初詣では早朝から1番

初詣では正月元旦の行事ですが皆さんが多く集まる初詣では意味ないと言う、占いでは神様も一度に多くの人々の願いは解りません、だから初詣では人ごみの中での正月元旦の初詣では駄目、朝の一番が最良と星ひとみが言う、確かにこの初詣では理屈にかなっている、2021年はぞろぞろの正月元旦の初詣では辞める事が最良と思います、人ごみからの願い事は神には届かないと言う、正月元旦の初詣では静かな時間帯の朝一が最良なのです。

初詣でのさい銭は115円

さすがに話題の占い師だ、さい銭は115円と言う、なぜなら115円は言い換えれば「いいご縁」となるのです、確かに115円は語呂合わせが良い「いい縁」と成る、始めて聞いた人も多くいる、さい銭箱に紙幣も入っている光景を見るが高額なさい銭は意味がないのです、元旦の初詣ではさい銭は115円で決まりの要です、百円玉と十円玉と五円玉をさい銭箱に入れましょう。

占いで凶運な人は青い扇子で仰ぐ

青い扇子は邪鬼を払うことができると占い師の星ひとみが言う、例えばおみくじが凶とでれば意外とやり直す人が多くいる、これは駄目です、誰も何回もおみくじをひけば吉に当たるのは当たり前だ、問題は凶とでたら青い扇子で邪気を払えと星ひとみが言う、青い扇子を用意してください、2021年が良い年に成るように。

おわりに

占い師の星ひとみが言う、正月元旦の行動、すべてが理屈にかなっている、掃除、包丁、初詣、さい銭、扇子、の話をしました、2021年が良い年に成るように話題の占い師の星ひとみを信じて行動してみましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です