ビジネス会話「お」をつけていい場合といけない場合!

基本的に相手のものや行為には「お」をつけましょう、自分のものや行為には「お」はつけません、自分に敬意を払う必要はないからです

相手のものや行為に「お」

「お手紙」「お品」「お荷物」「お食事」「お会いになる」など相手の行為には「お」をつけましょう、しかし自分のものや行為には「お」はつけません、自分に敬意を払う必要はないからです、間違いが多いい会話にお客様に「どのようなお仕事をなさているのですか」の問いに「私のお仕事は・・・」と「お」をつける間違いが多く見かけます、相手の敬語につられてはいけません「私お仕事が忙しくて・・」など「お」をつける女子事務員を見かけます、あくまでも「お」は相手の行為と「もの」に「お」をつけましょう。

「お」をつける例外もあります

「○○にかわりまして私がお電話をいたします」電話をする行為は自分なのですが、この場合は相手に対する自分の動作なので「お」をつけて相手に敬意を払うのです、同じ言い回しに「お見送りをする」「お尋ねをする」などの言葉があります、これらの言葉は相手のある行為です、なので正解なのです、自分の一人の行為には「お」はつけません、食事をするが正解です、「一人でお食べする」とは言いませんは、自分一人の行為には「お」はつけないのです、まだたくさん「お」のつけかたがあります「お美しい」「お考えになる」も他人の行為には「お」はつけましょう、日常から「お」のつけかたを訓練していれば間違いなく「お」が使えることでしょう。

間違いが多いい相手に対する二重敬語

お客様が見えて取り次ぐ時「部長○○様がおみえになられました」は間違いです、「部長○○様がおみえになりました」が正解です、よく聞いていれば女子事務員が二重敬語を使っています、「れる」と「られる」の使い方を間違いが多く相手に対する尊敬の言葉も言い過ぎは聞き苦しものです。

まとめ

ビジネス会話の「お」のつけかたを日常から気をつけましょう、簡単なような「お」のつけかたですが意外と間違いが多く見苦しいものです、二重敬語も多くの男性も女子事務員も使用しています、癖にならないように気をつけ日常から訓練をしましょう、会話は自分の財産の一部と思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です