名刺交換の鉄則!名刺は右手でだして両手でうけとるのです!

お客様から名刺を出されあわててポケットをまさぐる営業マンがいます、この要な営業マンは成績も上がらないはず、いつでも出せる要に名刺入れに、角が曲がらない要に入れておく事が鉄則である。

A group of diverse business people exchanging business cards.

名刺は右手で出し受け取りは両手

お客様などから名刺を出されたら素早く自分からいち早く名刺をだす、名刺は紹介と同じく目下のものか出すのが礼儀です、相手の名刺を受け取り、おもむろに自分名刺をだす、これはいけません、もし同時に名刺を出した場合は右手で渡し、丁重に両手で受取るのが礼儀です、名刺交換はちょっとしたタイミングを掴みましょう、受取った名刺を胸の前で押しいだいて名刺を確認します、その後座って話をする場合はテーブルの上に置きます、さもなければ胸のポケット等に丁寧にしまいます、その後の話で相手の名刺をぐちゃぐちゃにしたり、もてあそばない要に丁寧にしまう事が重要です、自分の名称が散々に扱われた場合いい気はしません、相手の名刺は丁寧にしまいましょう。

女子社員がお客様の名刺で倉庫を指した

何気なく女子社員がお客様からの名刺で倉庫を指した例がありました、倉庫を尋ねられた女子社員は思わずお客様の名刺で倉庫を指したのです、名刺を丁寧にしまっていればこの要な事は起きなかったはず、女子社員は落ち込んで会社を辞める事になったのです、名刺交換は大事な行事と認識しなければいけません、名称入れに入れて保管する、これはとても良い事です、相手も敬意を払うでしょう、又良い思い出にもなるのです。

まとめ

名刺交換は右手でだして両手で受けとる、しかも丁寧にタイミングを合わせる、頂いた名称は丁寧に机の上に置く、机を使用しない場合は名称入れに入れる、お客様の名刺をヨレヨレにしない事が大事です、これができない人は失格です、いち早く会社を去る事です、基本中の基本である相手の名刺を大事にできない営業マンには何も期待できないのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です