イビル自社の先輩女子社員を味方に引き込むコツ! 

どこの会社でも新人社員をイビル先輩女子社員はいる、問題はイビル先輩女子社員を味方に引き込コツをつかむ、そうすればあなたをイビル先輩社員達は完全にいなくなる。

イビル女子社員を味方にするコツ

例えあなたが仕事ができてもイビル先輩女子社員はいる「まったくあなたの仕事は丁寧で助かるは、期限も考えずゆっくりとやってくれて・・・」などとイビル先輩女子社員、それはあなたが仕事ができるかあるいはイビられやすいタイプかも知れません、この要な場面でも決して反撃しない事です、先輩女子社員は集団です、今時ではパワハラと呼ばれていますが完全に会社を辞める覚悟ならパワハラで戦う事も辞さないのですが、せっかく入社した会社をイビル先輩女子社員の為に辞めるのもしゃくですね、「いったい私のどこが気に入らないのよ」などと反撃してはいけませんコツをつかんで味方にすることが最良なのです、退社などはしないでイビル先輩女子社員を味方にしましょう。

イビリ言葉は聞かぬふりがコツ

イビリ言葉は徹底的に聞かぬふりをします無視するのです、ただしイビリ言葉は無視してもイビリ先輩女子社員の存在は無視しない事です、存在を無視するのは逆効果です、先輩女子社員のイビリはあなたを注目している証拠なのです、そこで相手の存在に興味をしめすのです、存在を興味にして、イビリ封じ作戦です、あなたの味方に仕立て上げるのです、それがイビリ先輩女子社員を黙らせるコツなのです。

イビル先輩女子社員にはおだて作戦で対抗

「あら先輩素敵な洋服ですねどこでお買いされたのですか」ときっかけを作るのです、更に「センスが抜群ですね私も見らないたいな」おだて作戦です、誰もほめられるのは死ぬほど好きなのです、特に女性の場合特におせいじと分かっていても喜ばない人はいません、「なによおせいじを言っても駄目よ」口では言っても内心はまんざらでもないのです、次の作戦は仕事です「ここはどうしたらいいのか教えてもらえますか」回りの先輩女子社員にも相手のことを吹聴しておきます、「先輩なんでも解るのです凄い」この作戦は回り回って必ず先輩女子社員に伝わるはずです、それを聞いた先輩女子社員は「あらあの子その要なことを言っていたのいいところも有るじゃ」ここまでくれば作戦は成功した要なものです、これは事実職場でのイビル先輩女子社員を味方した凄い女子社員の行動だったのです。

イビル先輩女子社員はあなたの味方

先輩女子社員はイビルどころかあなたの完全な味方です、彼女達も同じ道を進んだ経験があるのです、とりあえずイビル会社の風潮です、どこの会社でもあり得るのです、この要な風潮に負けてはいけません、生きていけません、イビル先輩女子社員はどこでも存在すのです、その道をかいくぐって生きるのです、イビリ先輩女子社員を味方にしたあなたは更に進化した女子社員に成るのです、誰もが一度や経験するのです、そして素晴らしい母親になるのです、自信もつきますイビリに負け会社を去ると虚しさが残るはずです、生き抜く為の作戦です、今もイビリで嘆き悲しんでいる女性がいるはずです、是非とも負けないでイビル先輩女子社員を味方にしてもらいたいものです。

おわりに

イビル先輩女子社員を味方にする方法を書きました、おだて作戦がすべてです、このおだて作戦はなにも先輩女子社員だけではない要です、男性にもある問題です、男性の上司にも必ずいるのです、新人社員をイビル先輩や上司が、「えらい奴はおだてろ」聞いたセリフですが誠に凄い言葉です、やがて母親にあるいは父親になるのです、イジメやパワハラに負けないで生きてください、どこでもあるのです、最近ではイジメ問題やパワハラ問題が盛んにマスコミなどで書き立たれていますが、表にはでないイビルは有るのです、要するに解らないのです、これも人間の持つさだめなのか、あるいは、人生のさだめなのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です