ビジネスのマナー「わたくし」は敬語です相手は?

「えーアタシが?」などの言葉をよく聞きますがビジネスの世界では失格です敬語は「わたくし」が正しくのです、ビジネス敬語の第一歩が「わたくい」と言われています、会社は「弊社」「当社」「わたくしども」を使っていますが年齢や性別敵又相手により使い分けするセンスがあなたをより光らせるのではないでしょうか。

相手はビジネスの世界ではどのように呼ぶ

自分は「わたくい」と言いましが相手はビジネスの世界では呼び方はいろいろありますがお客様個人に呼ぶならば「○○様」が良いのです、相手の会社を呼ぶマナーは「○○会社様」でよいのですが直接に顔をあわせて話をしている場合やTELで話している場合は「おたくさま」が得に女性ではやわらかくベストの呼び方です、「御社」と呼ぶのも良いと思いますが若い世代の人はやや硬い感じがすます。ビジネスの世界では呼び名は得別にマナー気配りが必要です。

自社「わたくしども」には意味がある

「わたくしども」の「ども」はへりくだった言い方なのです、だから「わたくしたち」とは言わないのです「たち」はもともと「公達」(きんたち)と言う言葉が有るように貴い(とうとい)人につけるものでした、だから今も「わたくしたち」と言う言葉をつかうのです

貴社と御社のよびかた

ビジネスに世界では貴社も御社もマナーが悪いとは言えませんが、最近ではやや女性や若い世代の人には硬い感じがします、だから相手の呼び方は「おたくさま」と呼ぶのがよいと言われています、やわらかく特に女性には良い呼び方です。

まとめ

ビジネスの世界のマナー自社の呼び方、相手会社の呼びかたは間違いがない要です、しなければなりません、会社を代表して相手の会社と話すのです、特に電話は顔が見えません、だから相手のよびかたは「おたくさま」とよびます、いくら時代がかってもビジネスの世界の言葉のマナー敬語は大事なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です