社会人の常識お客さまと対応の時視線を動かすのはなぜ失礼なのか?

にこやかに微笑み対応している時、お客さまが気にするのは視線の動きほか有りまません、例えば会社名を伺う時は一瞬のことです、この要な時視線を相手から動かしては失礼いです。

相手の気している部分に視線は向けない

例えば相手が髪の毛が薄い人に対し間違っても視線を頭部にチラチラと動かしてはいけません、相手が男性の場合は特に気をつけましょう男性は女性が思うよりはるかに男性は気にしているのです、この要な時チラチラと視線を頭部に動かしているとわかると「かなり薄くなって・・お気の毒に」とささやく無言の声が相手には聞こえてくるのです、なおにこやかに微笑み頭部に視線を見れば相手は余計に無礼者と感じるのです、これは男性のみに関わらず女性も同じなのです、視線は相手の気にしそうな部分には決してキョロキョロと動かない事が大事なのです。

上下にも視線を動かない

視線を上下に動かす癖がある人がいます、これは相手を品定めしている要に捉えたれるのです、例え相手のセンスが良く「素敵なスーツね、どうしてこんなにセンスが良いのかしら・・」その要に思っても相手はそうは思いません、「上からの下まで品定めするどこかおかしいのか失礼だな・・」と思うだけなのです、特に女性には視線を上から下に動かさない事が大事です、品定めと誤解されるのです、自分に置き換えれば解るはずです。

モデルの要なお客さまでも視線は全部無視

モデルの要にキマッテいるお客さまにも視線をキョロキョロと動かすとマイナスに捉えられる事が多いいのです、電車のなかなどでジロリと上から下まで見られた経験がだれもが有るはずです、それは不愉快な記憶とし思いだす事も有るはずです、見知らぬ人からの視線も気になるのです、だからこそモデルの要に素敵なお客さまに対してキョロキョロと視線を動かない、すべて視線は無視する事が大事です例え初対面のお客さまに対し「素敵なスーツでね!」などと言ってもお世話と捉えられ失礼に当たるのです、素敵な微笑みと挨拶がすべてなのです。

「視線」目は口程に物を言う

例え話にある言葉ですが視線は大事です相手は見ています、視線を絶対的です「目は口程に物を言う」のです、キョロキョロと目を動かすと人格が疑われるのです、社会人の常識と言えるのです、お客さまに視線を向けるのは一瞬です、その時には相手から視線を動かない、その間のキョロキョロは失礼極まりない視線です、微笑みにこやかに迎えるのが大事です。

まとめ

相手の気にしそうな部分に視線を向けない、とくに頭部(はげ)のお客さま、上下に視線を動かない、品定めではないのです、視線はすべて無視します、素敵な微笑みと笑顔でお客さまを迎える、目は口程に物を言うと言う例えは話は本当だった要です、社会常識は視線は口程に物を言うのです、お客さまには笑顔と微笑みで対応することが最高の社会人の常識なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です