ビジネスマナーとかく間違いやすい尊敬語と二重敬語

ビジネスの世界でとかく間違いやすいのが敬語です最近では日本語もやたらと「バズル」言葉が流行し本来の敬語を間違う人が増加しています、特に「二重敬語」は間違いが多く使用されています尊敬語と二重敬語の例をまとめました。

間違いやすい二重敬語の例

とかく間違いは、お客さまがみえて、取り次ぐとき「課長○○さまがおみえになられました」これが間違いです、気づかないで使っている女子社員が多くいるようです、「課長○○さまがおみえになりました」が正解です、間違いの原因は、「お・・・・・になりました」型の尊敬語と「れる」と「られる」型の尊敬語とをいっしょにつかってしまったためです、同じような二重敬語の表現に「部長は、お食事をなさっていらっしゃいます」これが二重敬語です、正しくは「部長は、お食事をなさっています」です、いくら相手に尊敬の気を表すと言っても言い過ぎは聞き苦しいものです。

困るぞんざいな言い方の例

とかく間違い「○○さん課長か呼んでるわ」これはいけません、正しくは「○○さん、課長がお呼びになっています」が正解です、又特殊な尊敬の言い方もあります、「部長は書類を見ています」これは失格です「見る」の尊敬語は「ご覧になる」を使い「部長は書類をご覧になっています」が正解です、この他に「いらっしゃる」という言葉があります、この言葉はいろいろな場合に使えます「課長は応援間にいらっしゃいます」「○○さまが4時にいらっしゃいます」「部長は○○社にいらっしゃいます」それぞれ「いる」「くる」「いく」の尊敬表現です。

尊敬表現は数が少ない

とかく間違い「いう」は「おっしゃる」「食べる」は「めしあがる」といいますこれらの表現は少ないので覚えてしまえば簡単に覚えられるのです、間違いやすいのは二重敬語と思います、よく使う尊敬語は「する」は「なさる」「いく」は「おいでになる」「会う」は「お会いになる」「たずねる」は「おたずねになる」「聞く」は「お聞きになる」「話す」は「お話しになる」又「お話しくださる」などです。

「召す」は幅広く使う

幅広く使う言葉に「召す」があります幅広く使う言葉です、例えば「上着をお召しください」「お気に召されましたか」「風邪をお召しにならないように」「お歳を召した方が」などがあります、上手に使い分けいたしましょう。

まとめ

とか間違いやすい二重敬語と尊敬語や特殊な尊敬語、尊敬表現の言葉や「召す」の使い方を紹介しましたが、使い鳴れば簡単に覚えられると思います、ビジネスマナーとして覚えましょう、以上でビジネスマナーの尊敬語と二重敬語の使い方の紹介を終わります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です