職場の人間関係が最悪な女子社員は意外と空気が読めない!

職場で人間関係で悩んでいる女子社員が多くいる、仕事には積極的に取り組んでいるが、今職場でなにが起きているのか、ピンとこない女子社員が人間関係が最悪と悩んでいるようです、こうした人に共通しているのはマイペースで周囲の動きに無間心で問題意識が鈍感であったりする点なのです。

周囲の動きに気配りをしてみたら

「みんなが忙しくしているのはなぜか」といった事に気配りをしてみたらどうでしょう、マイペースで仕事をしていては人間関係はうまくいかないのです、自分本来の仕事がおろそかになってはなにもなりませんが、少しでも周囲の人に気配りをしてみたらどうでしょう、マイペースのあなたは周囲の社員から誤解されるのです、自分と周囲の社員のバランスを観ることが大切なのです、人間関係を構築するにはマイペースもよいが周囲の人とのバランスをよく見ることが大切なのです、自分自身には解らないが周囲に気配りをしていれば「お手伝いをしましょうか」などという言葉もでるはずです、モクモクと自分の仕事をしているのみでは人間関係は上手くいかないのです、単に自分の経験や見方に頼らずいつも周囲を見渡し動きを的確にとらえる努力をすれば人間関係は上手くいくのです。

優秀と言われる女子社員が最悪な事も有る

職場の人間関係で意外と多いいのが優秀な女子社員にあると言われています、上司への気配りが先行し同僚の女子社員に気配りがおろそかになり人間関係が上手くいかないようになったと聞きます、この頃の同僚女子社員は入社してから数年経っています、仕事は正確にこなし手際よく仕事はできるこの頃から人間関係が最悪になるのです、新入社員社員の頃は互いに切磋琢磨し励ましあい仕事をした中の同僚だったが上司から認められる女子社員が生まれます、このようになれば、同僚にあるいは女子社員の部下に気配りができない、気配りは上司からと自然に始まるのです、そうなれば会社内の人間関係は最悪になるのです。

優秀な女子社員は最悪な職場を明るくする

優秀と言われる女子社員はこの頃から仕事の本来のむつかしさが解ってきます、周りを見れば職場の人間関係は最悪になっている、この社内を良い人間関係を再構築するには後輩の指導に力を発揮することが大切と解るのです、しかも後輩の仕事のカバーをする職場造りのために問題意識をもつようになるのです、明るい人間関係を造る事に心を置くのです、駄目な優秀女子社員はこの頃から会社から期待されていると思い込み「又私の課に新人が入るのよ、指導するのは面倒くさいわ、感謝されることもないし、一人前になれば大きな顔をするのだから」などとたわごとを言っているのです、だが優秀女子社員は気がつくのです、職場の人間関係をよりよくすれば会社も利益になりそのために努力するのです、その要な上司女子社員をもてばすべての女子社員が明るくなり職場の人間関係もより一層良くなるおです。

人間関係を最悪な職場造はしない優秀女子社員

すべての優秀女子社員や上司がより良い人間関係を構築する努力をするとは限らないのです、最悪です、ストレスは溜まります、どうすればいいのでしょう、やはりここは自ら馬鹿になり観察するのがおもしろいのではないでしょうか、そして優秀女子社員をおだて作戦はいかがでしょう、「馬鹿もおだてれば木に登る」そう思い自身は周りに気配りをして職場造りをしてみたらどうでしょう、前にでることはなく静かに勤務するのが最高の生き方と思うのです、言い換えれば社内の空気をよみ自身の生き方を完全なものにする、これができれば職場の人間関係に悩むことはなくなると思いませんか、より良い人生を送る為には少しばかり努力をするのはいかがでしょうか。

まとめ

職場の人間関係はいつの世も有るのです、先ずは周りに気配りをしマイペースを押さえるのです、優秀女子社員が人間関係壊すこともあります、又優秀女子社員が明るい職場の人間関係を構築することもあります、最悪の優秀女子社員が職場の人間関係を悪くさせる場合は少しばかり努力をする、自ら静かに職場の人間関係よりよくみてはいかがでしょうか、最後は馬鹿な優秀女子社員のおだて作戦はいかがでしょうか、生きていく為にはなにがしの努力は必要なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です