女子社員が知らないお茶出し仕事の重要さ! 

会社業務のお茶出しは女子社員ばかりの仕事とは思えないと言う時代だが、会社のお茶出しは重要な仕事なので、その重要さは営業を超えていることを理解しないといけません、会社は生き残りはむつかしい時代なのです。

女子社員が知らないお茶出し仕事の重要さ

会社のお茶出しはむつかしい仕事なのです、「うまい」とお客さまにほめられた女子社員がいました、おかげでお客さまは大喜び、この会社に営業マンはお茶のおかげで訪問しやすくなったのです、お茶出しは女子社員の仕事ではないと言うが重要な仕事と理解しなければいけないのです、昭和時代から平成、令和と時代は流れたが「うまい」とほめられるお茶出しをできる女子社員があなたの会社にいますか?「うまい」お茶は会社には欠かせないのです、とてもおいしいお茶を入れる女子社員に聞きいてみると「コツなんかなにもありません・・・慌てて入れないことでしょう」との事、お客さまにしてみれば早いお茶よりも少しばかり遅くても、おいしいお茶を飲みたいのは当然です、そこでおいしいお茶を入れる「コツ」を聞いてみました。

女子社員のおいしいお茶を入れる「コツ」

おいしいお茶を入れる心得の第一はお茶を完全に沸騰させる、そして少しばかり置いてからつかうこと、沸騰したと思っても、なお少しばかりそのままにしておきます、そして火を止めてお茶の温度が90度くらいまで下がって使うとの事、完全に沸騰しないままのお湯をつかうと、お茶の臭いが生ぐさい臭いがしていやなものですと言う。会社によれば給湯器でお茶を入れるので、いちいちお湯を沸かすことはないかもしれないができる事ならおいしいお茶を出したいならばもう一度お湯を火にかけて沸かし直してつかうと良いと言う、確かに理解できるが聞いてみなければ解らないのです。

おいしいお茶をいれる「コツ」急須と茶わん

第二は、お茶を急須に入れたら一二分待つ事が大事と言うが、テレビなどを見ていると急須に入れたら例外なくすぐに茶わんに注いでいます、あれではお湯を注いでいると同じと言うのです、そう言えば確かにドラマもテレビも急須に入れたらすぐに茶わんに注いでいる、ではあれではお湯を飲んでいるのかもしれません、第三はお茶を入れる前に茶わんにお湯を入れて温めておく、お茶が冷めない為と言うのです、第四は、お茶を茶わんに三分目ほどに人数分そそぐ、その後は七分目までお茶をそそぐ、最後は最初にそそいだお茶と逆の順番にそそぎ足す、このように入れればお茶の濃いさが一定に成り、お茶はおいしくなると言う、更に急須の口からお茶がこぼれないようにそそぐ時は布巾を急須の口の下にナフキンをあてると言う、ビジネスマンは意外とお茶の味やマナーを知っているのです、だから女子社員のお茶出しは重要な仕事なのです。

まとめ

女子社員のお茶出しは重要な仕事なのですと気が付いたのです、お茶は誰が入れても同じではないのです、確かな工程が有るのです、「コツ」は第一から第四まで有りました確かに理にかなうお茶の入れ方です、このお茶はお客さまが喜び会社のイメージアップは間違いないと思われます、たかがお茶とは言えません、これでまとめを終わります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です