女子社員できそうもない仕事を頼まれた時の対応の仕方 !

女子社員は職場ではできそうでない仕事を突然上司から頼まれことがあります、「急ぐんだ」これ今日じゅうに頼むよ、困りますネ、対応しだいでお断りすることができるのです、「今日私忙しいのできません」と断言してはいけません、できそうもない仕事を「できません」は最後の言葉です。

仕事の期限をハッキリと聞く

会社業務には流れが有るのは依頼した上司も招致しているのです、「できません」は挑発的な仕事の断り方なのです、「どうしても今日お入りようでしょか」と期限を聞く、しかもハッキリと上司の言う返事は二つです、「今日いるんだ」もしくは「いつまでできるの」この二つなのです、今日いるには素直に「今この仕事をしています、この仕事も今日じゅうにしなければなりません、終わり次第取り掛かりますが、私一人では間に合わないので誰かお手伝い願います」「いつまでできるの」の問いかけには「この仕事も今日が期限なのです、終わり次第取り掛かります」どちらも同じ回答ですが「できません」とは言っていません、これが上手な仕事の断り方なのです、だだし本当ではなければなりません、しかも真剣に言うのです、必ず普通の上司ならば解るのです。

仕事の期限は自分勝手に判断しない

例えば「解りました終わり次第取り掛かります」この言葉はただの想像なのです、「あの上司いつも、これなんだから」と思い込み自分勝手に判断してはいけません、できそうもない仕事は事情をハッキリと話すことが大事なのです、これがあなたの信用を社内業務で評価されるのです、勝手に判断して仕事ができなかった場合には事態は大変なことになるかもしれません、なので勝手な判断は駄目なのです、後で大変なトラブルになるかもしれません、もっともよい判断は「全部はできかねますがここまでは今日中に必ず処理いたしますがいかがでしょうか、残りは明日の午前中にではいかがでしょうか」この要な対応で上司の判断をあおぐのです、前向きに仕事を進めている姿勢を見せるのがポイントなのです。

一応は仕事を受け入れる姿勢を見せる

できそうもない仕事でも一応は受け入れる姿勢は見せなければいけません、その姿勢は必ずあなたの評価につながるのです、できそうもない仕事は事情を話す、そうするとにより上司も気分を悪くすることはないでしょう、「できません」は挑発的な言葉と理解いたしましょう、社内業務を円滑に進めるためには姿勢は大事なのです、女性の社会地位を挙げる意味でも、どのような仕事も一応は受け入れるのが重要なのです。

まとめ

できそうもない仕事は「できません」は挑発的な言葉です、仕事を依頼された場合には期限をハッキリと聞く、期限を自分勝手に判断しない。仕事を依頼された場合には一応は受け入れる姿勢を見せる、社内業を円滑に進める為には大事なのです、女性が活躍する時代に流れています、これらを十分に理解することが大事なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です