女子新入社員は仕事さぼり癖があり同僚と群れる!

新入社員の女子の最大の欠点はとかく同期の社員と仕事をさぼり化粧室に行く回数が多いい、これを群れるという、なぜこの要に群れるのか学生時代の生活環境が抜けていないようです、これかの時代は男女の格差はなくなるのですいち早く学生時代の環境から抜けてだしましょう。

女子新入社員は誰かと一緒でなければ不安?

学生時代のサークルなどでいつも誰かと群れていたの癖になっているのかもしれません、旅行も「あの子の行くの?じゃぁ私も行く」この要に誰かと同じでなければ不安になる要です、一年も過ぎると新入社員が入ります、すなわちある程度の指導的な立場になるのです、同期の女子社員は完全学生時代の環境から脱皮していたら、あなたはどう考えるのでしょうか、学生時代の生活環境から抜けた同期の女子社員は仕事もできるはずです、群れる相手も次々といなくなるのです、いち早く学生時代の生活環境から抜けることが大事なのです、そうしないと同期と大きな仕事の差がつくのです。

賢明な女子社員は学生時代の生活環境から抜ける

早かれ遅かれ新入社員は仕事をしなければならないのです、いつまで気分転換ができない新入社員は当然の如く賢明な女子社員と仕事の面で差が着きます、上司は見ているのです、給与も差がつきます、今までは群れていた同期社員はも早く群れることはありません、あなたは、あいが悪いと思えば違います、仕事は報酬がもらえるのです、学生時代は報酬を支払う立場なのです、それを早く理解しなければいけません、理解しない新入社員は少しずつ同期が離れていくのです、さぼり癖は学生時代で終わりにしましょう、そうしない同期の女子社員に置き去りにされるのです。

笑顔で働くか「ふてくされ」て働くか?

同期の女子社員と差がつけば、おもしろくありません、それは「ふれくされ」て働く元になるのです、一人でいるとなんとなく働くが同期の女子社員と会話の機会があれば必ず話しかけるでしょう、相手にされない場合は完全に「ふてくされ」るでしょう、この要な女子社員は必ずいるのです、社会人とし生きていかなけばならないのです、誰よりも早く学生時代の生活環境から抜けだしましょう、それが一番大事なのです、「ふれくされ」はみっともない行為です、嫌われる元です、先輩社員も見ているのです、笑顔で働くのが大事なのです。

同期の女子社員と仲良く働くことが大事

同期の女子社員とは切磋琢磨し働く、大事なことです、相手にされないのは不幸なことです、仕事ができれば同期の女子社員も認めることでしょう、いつまでも学生時代の気分でいては同期は置き去りにするでしょう、軽蔑の始まりです、これが社会人なのです、厳しさがあるからこそ楽しいことが多くあるのです、このように生きればパワハラスメントにも負けません、必ず誰が助けてます、このように生きたらどうでしょう。

まとめ

女子新入社員は学生時代の群れる癖が抜けない人が多くいます、いち早く学生時代の気分を抜けましょう、同級生とは切磋琢磨し働きましょう、「ふてくされ」て働くのは学生時代の生活環境から抜けだせないことが問題なのです、同級生も先輩社員そして上司も見ています、良い評価をもらいたいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です