新入社員の挨拶は好感度を意識するがちょうどいい !

新入社員の挨拶は好感度を意識する

新入社員は入社時に挨拶を求められるが自己紹介と簡単な趣味や入社後の抱負を伝える、長々な挨拶は意外と聞きずらい、初日の挨拶でなにもあなたを評価しない、マニュアル本を購入しその中を抜粋し自己紹介に意味はない、マニュアル本には「入社をよろこぶ気持ち、仕事にかける意欲、指導をあおぐ言葉」などが書き込まれているがこの要な新入社員の挨拶は好感度が良いと思われるか疑問だ、入社式に備え新入社員は挨拶をしる練習をするだろうがあまり自己アピールの挨拶はしないで良い、簡単明瞭にな挨拶良い、「○○です趣味は○○です、よろしくお願いいたします」そのくらいで十分では、あれもこれもと考えると挨拶はできなくなる、どうしても長々と挨拶をしたい人は少しばかり控えめな挨拶が良い、挨拶が苦手な人が圧倒的に多いい、好感度を与える挨拶がちょうど良い、入社式の挨拶で悩むことはなくしてしまいましょう。

好感度を与える挨拶とは

新入社員の挨拶で好感度を与える挨拶とは若者らしい、あれもこれも言わないで良い、別に大きな声もいらない日常の自分で良い、挨拶が苦手ならば「挨拶が苦手と挨拶をすればいい」この要な挨拶が好感度を与える、仕事にかける意欲も良いが入社後に意欲を出せば良い、そんなに新入社員の挨拶で意欲をアピールする必要はいらない、毎年の企業の挨拶で悩む新入社員が多くいるが挨拶で悩まないことだと思います、無駄なエネルギーは使わない、その要な挨拶が好感度を与える、マニュアル本から抜粋した挨拶は若者らしいとは思えない、本来ならば自分の苦手な部分をされけだすのが良いかと思う、好感度とはその要なことではないでしょうか。

新入社員の入社後

入社をよろこぶ気持ちや仕事にかける意欲や指導をあおぐ言葉で挨拶した新入社員は少しばかりきついのでは、入社後に「この会社違うな」などと思い始めた場合には「辞めます」とは言いずらい、いまどきの企業は社員を一生面倒を観ることはない、面倒を観た時代は日本では高度成長期の昭和の時代だ、企業は変わった、働き方改革などと言い簡単に社員も派遣も契約解除する時代なのです、アルバイトを認める企業も有る、新入社員の挨拶で自分をアピールした新入社員が如何になるのか今時代はまったく解らないのです。

まとめ

新入社員の挨拶がおこなわれる時期に入った、挨拶で悩んでいる新入社員が多くいる、挨拶は好感度を示すくらいがちょうど良い、長々とアピールする時代は変わった、働き方改革はなにを意味するか新人社員も考えなければならない、企業が人材を一生面倒を見る時代は終わったのです、企業は簡単に契約解除や社員も辞めさせる時代なのです、あまり期待し入社式に主席した新人社員の10年後が見てみたと思います、10年後の企業とビジネスマンの関係は如何になっているのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です