女子社員の服装規定に個性がない私服勤務にの声!

女子社員の服装規定に個性がない

女子社員の制服規定に個性がない、昔から変わらないと若い世代の女子社員から声が挙がっているいる、できることなら私服勤務にしてもらいたいと言う、確かに制服制度は古いかも知れないと会社総務課が検討を始めたが社内には年齢の格差が有る、年配女性社員は今の制服規定に慣れているが少しばかり私服勤務に興味は有る要です、社内の上司は昭和の時代生まれが多いが時代には逆らわないとまんざらでもないようですが意見をまとめるのが大変なのです、若い世代と年配女性社員の間には少しばかり問題が有るのです、しかし最近の女性社員の制服はかなりおしゃれになっているのだが個性的ではないのは確かです。

世間一般の会社に置いても制服制度を廃止する傾向にあります、女性社員のみなさんの意見を聞けばなかなかまとまりません、あなたはどのように思いますか、私は服装規定を廃止することに賛成です、若い世代に合わせ多いいに働いてもらいたいと思うしだいです、時代は昭和から平成更に令和と流れました、働き方改革も叫ばれる時代なのです、やはり会社総務課は思い切り制服制度を廃止するべきと思うのです、どうしても制服制度を廃止しないならば今一度制服を若い世代に合わせ変えるのも良いのですが又選ぶのも大変な作業なのです、女子社員の意見が別れ社内の空気が悪いなりイビリ女子社員が出没するのが最悪の結果をもたらすのを会社は懸念しているのです。

服装規定の制服が古い

若い世代の女子社員は服装規定の制服が古く個性がないと言う意見なのです、社員が少人数ならば何とか意見もまとまると思われますが支店も含めると人数が多くいる為になかなかまとまらないのが現実なのです、制度を廃止をして好きな服装で働くのが良いと思うのですがそうすれば派手は服装で勤務する若い世代の女子社員がでてくるのもいかがでしょう、「あなたは派手過ぎる」とはなかなか言いずらい問題です。

服装規定を廃止すればピアスなどを付ける若い世代の女子社員がでるかもしれません、服装は少しばかり派手になってもピアスやブレスレットはいけないと思います、若い世代の女子社員は意外と学生時代の生活環境から派手好みの女性が多いいのは確かなのです、昭和の時代の世代とはあまりにも考えることが違い過ぎる要です、私生活では如何なる服装でも問題はありませんが会社と私生活のけじめが解らない女子社員もいるのです、一二年も過ぎれば理解できると思われますが入社後には理解できない要です。

時代先端企業には服装規定はない

時代の先端を走るAT企業には服装規定はありません、女子社員も好きな洋服で働いていますよく見るとピアスも付けた女子社員も見かけます、働き盛りの女性は男性社員にも負けていません、自由奔放に働いています、これを見ると確かに時代は流れているのです、やはり服装規定は古いのかも知れません、AT企業に服装規定があれば少しばかり違和感を感じるのは確かです、女性が活躍する時代ですやはり制服規定は終わりかも知れません、ブランド品でもなく見事に着こなし働くAT企業の女子社員は制服は似合わない要です、日本企業も全体的に考える時代かも知れません。

勤務環境が変わった通勤が少ない

勤務環境が変わりました、通勤をしない自宅勤務の女子社員もいる時代なのです、ここはやはり制服規定は辞める時代かも知れません、女子社員も思い切り働きます、男性社員よりも能力が高い女子社員もいるのです、男女問わず制服規定は辞める時代かも知れません、現代社会に置いて自宅勤務はまだまだ少ないがこれから先は自宅勤務が増加するに違いありません、それとともに服装規定はなくなるでしょう。

まとめ

女子社員の服装規定はどうやら終わりの時代の要です、AT企業から始まった自由な服装の女子社員が社内の服装規定を終わらせたのかも知れません、個性が問われる時代なのです、公務員にしても昔は制服規定の服装を着用していましたが今は男性はノーネクタイは当たり前の時代なのです、服装規定は辞める時代なのです、世界も同じ要です、若い世代の女子社員に合わせて働く時代かも知れません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です